和をたしなむ

2019.05.29更新 - 浴衣

《美しいキモノ夏号掲載柄》 竺仙鑑製 コーマ地浴衣「あざみ」

 

太陽が一層輝きを増し、

浴衣の色が映える季節が段々と近づいて来ました!!

 

 

今日ご紹介します新作の一反は、

そんな夏の太陽を想わせる一品。

 

来たる季節を一着の浴衣と共に、存分にお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

竺仙鑑製 白地コーマ 「あざみ」

 

江戸染の名店にして、

「浴衣と言えば!」の一社に必ずその名が上がる、

染めの名店「竺仙」さんの一品。

 

ただ今発売中の「美しいキモノ夏号」に、掲載される柄のひとつです。

 

 

コーマ生地に注染技法で染め付けをした、

竺仙さんが最も得意とするゆかた地。

 

あざみ」 「コーマ」 「注染

 

というキーワードだけ抜き出すと、どこにでもある浴衣になりますが、

それを高い次元と美意識で一反の浴衣に染め上げるところに、

竺仙の竺仙たる所以があると思います。

 

 

あざみの花と葉を、流れのある様に柄配置。

 

そこに染付してある柄は、とてもシンプルな配色におさめてあり、

だからこそ、あざみの朱赤や、

 

 

その葉の灰色のボカシが、活かされています。

 

 

こうした、流れのある柄付けの浴衣生地は、

反物から仕立て上げた時のバランスが良く、

その着姿をスッキリと見せる効果があります。

 

 

仕立てる時の、柄の取り方も様々。

 

顔に来る衿の柄付けをアザミの柄を持ってきて、

明るく印象的な一着に仕立てても良し。

 

あえてそこには柄を少なくし、

スタイリッシュな印象の一着に仕立て上げても良し。

 

 

それぞれのお客様のご希望に合わせて、あれこれと相談が出来る事も、

私たちの様な着物専門店の楽しみのひとつ。

 

 

一反の浴衣を前にして、

皆さまがお出掛けするTPOに想いを馳せながら、

この夏の楽しみを一着の浴衣と共に一層楽しいものにする、

お手伝いが出来たらと思います。

 

 

掲載商品詳細

竺仙 白地コーマ浴衣 「あざみ」 34,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP