和をたしなむ

2018.10.09更新 - 商品紹介

「男の赤」「大人の赤」を着物と共にお楽しみ頂けます様に。

 

十月の模様替えが出来ました、きもの美濃幸の店内。

 

正面ウィンドウのコーディネートも、

この様な雰囲気に掛け換わりました。

 

 

10月はじめのご提案は、「男のきもの」。

 

一見すると無地の様に見えますが、

実際は浅い藍色の細縞の小千谷紬に、

深い赤色が美しい、博多織の角帯を合わせてみました。

 

 

博多織は、「西村織物」さんの一品。

 

西村織物さんは、伝統的な技法や柄を大切にしながらも、

ファッションとして着物を楽しくするためのものつくりをされており、

この角帯の様に、赤を基調としたもそうしたものつくりが目に見えてわかるところ。

 

赤い角帯は、数は少なくとも今までにも何点か見て来ましたが、

この一本の様に、「男の赤」、「大人の赤」を楽しめるものは、

他にはあまりないと思います。

 

 

帯自体は両面使いになっており、

片面は経緯ともに赤の織り糸、もう片面は経を黒に変えて織り上げ、

細かな市松柄の織り柄とともに織の表情が楽しめる、

また、織糸の色の合わさり方が面白い、深みのある赤に織り上がっています。

 

 

華やかな色柄の長着に合わせても、その役目をこなしてくれますが、

大人な男性、大人な着こなしを目指す時は、

無地系の長着と合わせて帯色の個性を自分らしく、

そしてモダンに男の着物を着こなす方が、きもの美濃幸好みの合わせ方。

 

合わせる羽織もあまり色を使わず、羽織紐とだけ帯の色を合わせると、

一層大人な雰囲気で着物らしいお洒落を楽しめそうです。

 

 

秋冬の季節に一層映える赤。

 

 

着物を愛する男性にとって個性を季節と共に合わせる、

自分らしい一色の挿し色として、大人の赤をお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

掲載商品詳細

 

西村織物 博多織角帯「大内両面」(絹100%) 39,000円(税別)

越後おぐに 小千谷紬「本松煙」(絹100%) 180,000円(税別・反物価格)

  • 記事一覧

↑PAGE TOP