和をたしなむ

2017.01.18更新 - 御召

しなやかな風合いを。~織司なかむら 横段紋織御召~

きもの美濃幸は、どちらかというと織物が得意の着物屋。

 

染の小紋よりも紬、

それに合わせる帯も袋帯よりも名古屋帯。

 

日々、気兼ねなく袖を通せる着物や帯をもとに、

そこからワンランク上の着物らしい誇らしさをお楽しみ頂ければと思います。

 

織物といえど幅広くありますが、

今日ご紹介する一品は、グッとフォーマル感が高まる織物、「御召(おめし)」の一反です。

 

 

織司なかむら作 横段紋織御召

 

白経の紋織御召に、緯糸で紫色の大横段が織り込まれた一品。

 

織司なかむら」さまは、

きもの美濃幸で「御召」といえば、ほぼ全品こちらにお願いをしているほど、

その品質や配色のセンスに全幅の信頼を置いている御召屋さんです。

 

御召とは、先染の強撚糸で織り上げられた織物こと。

世の中にはその名を付けたものが多くありますが、

織司なかむらさまで製織されている御召は、御召緯(おめしぬき)を使った正真正銘の御召。

 

その風合いはとてもしなやかで柔らかく、

俗に言われている様な「御召の硬さ」はなく、本当に着心地が良い素材のひとつです。

 

そして、なかむらさまの御召の大きな特徴は、「配色センスの妙」。

 

男女問わず、その一品をお仕立てをして、袖を通されたとき、

素材感の持つしなやかさも相まり、体に沿って馴染むその風合いと色のセンスは、

その方の個性を100%際立たせてくれるものです。

 

この一品のような白地の着物は、

帯合わせを変えることによって一気に雰囲気が変わり、

その季節ごと、楽しく袖を通して頂ける、お気に入りの一着に仕上がります。

 

大寒もそろそろ、立春ももう間近。

 

皆さまもお気に入りとの一着と共に、素敵な季節をお過ごしくださいませ。

 

 

「商品詳細」

織司なかむら 横段紋織御召

170,000円(税別)

  • 記事一覧

↑PAGE TOP