和をたしなむ

2020.03.24更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

八寸の軽さを活かし、柄の品格を引き立てる。

 

前回の博多織に引き続き、今日も「八寸」をご紹介します。

 

気軽に応用が効きやすい八寸の特徴と共に、

織り帯らしい品格も兼ね備えている、

西陣織の一本のご紹介です。

 

 

八寸(京袋帯) 織成 段違いに名物裂

 

白経の帯の中に、パッチワークの様に配された色は、

どれも明るく、春らしい色合いのもの。

 

どこかモダンさを感じさせてくれる、

織上がりの一本になっています。

 

 

手織りで丁寧に織り上げた一本。

 

綴織と同じ組織で織り上げた一本ですが、

織上がりの風合いがとても良く、程よく薄くてしなやかな織上がりです。

 

 

通し柄で織り上げてあり、

その柄一つ一つは、古典柄や、名物裂から取ったもの。

 

七宝・唐草・梅鉢・市松・宝尽くしと、

どれも縁起も良く、品格のある柄を選び、

それを帯の中に織り込んであります。

 

 

通常、八寸といえば普段着やお稽古の範疇で結ぶ事が多く、

そこに使う柄たちはどれも縞や格子など、軽めが多いのですが、

この帯の様な織上がりであり、使われている柄の品も感がると、

垂物やセミフォーマルな長着と合わせても品良くまとまると思います。

 

 

八寸の良いところである気軽さや軽さを活かしつつ、

織上がりや使われる柄から来る品格の良さを取り入れた、

一層、便利で重宝な一本。

 

きものが好き&お稽古をされている方の、

お役に立てる一本になれば何よりと思います。

 

 

掲載商品詳細

八寸(京袋帯) 織成 段違いに名物裂(絹100%) 156,000円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP