和をたしなむ

2018.03.01更新 - 徒然なるままに

八掛の色遊びの楽しさ。

 

昨日まで開催をしておりました、「きものクリーニングキャンペーン

 

本当に多くの皆さまに、ご来店ご利用頂き、

誠にありがとうございました!!

 

 

期中、お預かりした着物や帯を、

悉皆をお願いしている「おおつき工芸」さんにお渡しし、

あとは一品ずつ、承った仕事をさせて頂き、お納めをしていきます。

 

お納めまで、もう少しお時間を頂きますが、

楽しみにお待ちくださいませ♪

 

 

さて、

 

毎月毎日のことですが、

お見立てさせて頂いた着物のご寸法のご相談や、八掛などの裏地選びは、

私たちの楽しいお仕事のひとつ。

 

特に八掛の色選びは、店の個性が表れるので、

「きもの美濃幸らしさ」の見せ処でもあります。

 

 

当店の八掛選びは、

八掛見本帳を使ったり、色見本帳から別染をして誂えたりしますが、

仕立て上がった時の印象が一番正確なのは、現品を当てて選ぶこと。

 

当店でも、八掛は何種類か取り揃えて、

いつでもお好みの色をお選び頂ける様にしています。

 

 

今日も午前中の柔らかい自然光の下で色選びの時間。

 

飯田紬の無地に合わせて、

お客様のご希望や、私たちが想う印象を基に選んでいきます。

 

「無地紬には同系色の八掛」が流行の様ですが、

少し、遊び心のある色を挿してあげると、紬らしい楽しさが表われます。

 

下の写真の様な、明るめの色目のものを合わせ、

その分、八掛のふきが表に見える量を少なめにしてお仕立てをすると、

派手すぎず、楽しい色合わせをお楽しみ頂けます。

 

 

同系色の濃い目だとこのような雰囲気に。

 

 

最近よく見かける、グレイッシュな八掛だとこの様になります。

 

 

同系色濃い目の、グリーン系が強めの色目のものはこちら。

 

 

 

八掛ひとつで雰囲気が変わるところが、無地紬の面白さ。

 

ほんの数ミリしか表には見えない色ですが、

楽しみながら、そして皆さまお一人ごとの個性を上手に表現できるように、

アドバイスをしながら、色選びをさせて頂けたらと思います♪

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP