和をたしなむ

2020.05.23更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

夏の涼感と遊び心、流麗な染め帯で楽しむ。「染の川勝 絽九寸『抽象』」

 

きもの美濃幸好み、2020年新作夏衣。

 

5月は織物系が続きましたので、

染物である「たれ物」をご紹介します。

 

 

先ほどの「絽小紋」に続きまして、今回も絽の生地を使った九寸をご紹介。

 

手描き友禅の魅力をお楽しみ下さい。

 

 

染の川勝 絽九寸「抽象」

 

 

京友禅の名店「染の川勝」さんの一品。

 

本格的な手描き友禅で描く柄は、とてもモダンな抽象柄と、

時代を超えたものつくりの良さを感じる、夏の九寸になります。

 

 

クリーム色の地色に染められた柄は、

 

緑色の濃淡にて若芽が萌える様な、

野山の草木が芽吹く様な、

滔々と流れる水面の様な、

 

それを見る方、お一人ごとに、色々な感じ方、見方が出来る柄です。

 

 

絽の帯地を使っているので結ぶ季節は夏限定となりますが、

合わせる長着や小物によって、長い期間、結んで頂く事が出来ますし、

合わせる長着の柄によって、色々な見立てをお楽しみ頂ける、

着手の個性を引き立ててくれる様な一本になるのではと思います。

 

 

染の九寸なので、柄付けはお太鼓と前腹のみ。

 

その間は無地になるのですが、

お太鼓の柄巾が広く染めてあるので、

お太鼓柄を出すのも楽に結べます。

 

 

抽象柄なので、出すところも気にせず、

自由に結んで頂く事が出来ます。

 

 

前腹の様子はこちら。

 

 

同じく抽象柄ですが、一層シンプルに柄付けがされており、

夏衣らしい涼感を感じる仕上がりに。

 

 

お太鼓と前腹、どちらにも所々に金彩で輪郭が描かれており、

良いアクセントになってくれそうです。

 

 

染の川勝さんといえば、

先にも書いた通り京友禅の名店という事もあり、

最も得意にされているものは、「琳派」の様な古典的で豪華な柄付け。

 

毎年、作品展を開催されていますが、

それは見ごたえのある品揃えを発表されています。

 

 

そうした名店の事を考えると、

この様なモダンで現代的な柄付けは川勝さん的には脇道なのかもと、

そう思われる方もいるかも知れませんが、

川勝さんの様な「本物」を作り続けているからこそ、

モダンなものを作る際にも本質的なものつくりの良さを、

一品ごとに作り込めるのだと、私は感じています。

 

 

夏の涼感と、染め帯の流麗さを、現代的な柄と共に楽しむ。

 

 

夏の季節が着物と共に在る、素敵な季節となります様に。

 

 

掲載商品詳細

 

染の川勝 絽九寸「抽象」 170,000円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP