和をたしなむ

2017.07.12更新 - 名古屋帯

夏帯に一色を挿す、夏色の楽しみ方。

 

 

夏帯の魅力は、「生地の透け感」にあります。

 

 

夏らしい軽やかな生地に色柄を挿し、

仕立てる際は帯芯の色も含めて、出来上がりを考えていく。

 

 

夏衣の魅力、夏の楽しみを、存分に味わって頂けるよう、

着物屋として、精一杯尽くしたいと思います。

 

 

涼感を求めていくと、自然と生地の色は淡色になりがち。

 

それは長着も帯も同じこと。

 

 

夏の季節は意識をしないと、

メリハリのある着姿になりにくく、

そのことがお召しになる皆さまのお悩みでもあります。

 

 

この帯と長着の組み合わせも、そんな事を頭に入れながら、

帯〆で一色、きもの美濃幸らしい夏色を挿してみました。

 

 

経緯の絽の生地に「鷺草」が描かれた夏小紋に、

浮織りの生地感が涼感あふれ、そこにトンボなどが型染めで染め抜かれた、

夏の九寸名古屋帯の組み合わせ。

 

帯は京都の染めの名店「染の川勝」さまの一品です。

 

この夏帯は織りの表情があり、それだけでも面白さがあるのですが、

染の名店という事もあり、夏らしい遊び心あふれる仕上がりです。

 

 

トンボの小柄が染められ、またあるところは、水色とレモン色のドット柄。

 

夏はどこかに「遊び心」が込められていると、

季節感と相まり、着物を着る楽しさが増す様に思います。

 

長着と帯の相性はいいのですが、

このままだと、同じ淡色になってしまうので、

 

着姿のメリハリというか、

着姿の「」の部分が失せてしまいます。

 

そこで、帯〆を使い、一色色を挿すことに。

 

 

 

京組紐の名店「渡敬」さまの夏帯〆。

 

品の良いアクセントが、帯周りに生まれてきます。

 

夏衣も袷の頃と同じように、

長着と帯でメリハリを付けても素敵ですし、

この様に小物を活用し、季節感や自分らしさを表現しても、

着物を着る楽しみへと繋がっていきます。

 

皆さまも自分らしい一品と共に、

素敵な夏の季節をお過ごしくださいませ。

 

「掲載商品詳細」

 

染の川勝 夏九寸名古屋帯「浮織にとんぼ」 絹100% 160,000円(税別・反物価格)

組紐の渡敬 夏帯〆 絹100% 14,000円(税別)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP