和をたしなむ

2017.06.02更新 - 徒然なるままに

女将とふたり、水無月の京都へ。

 

 

昨日は女将と二人、

月初めの恒例、京都への問屋さま巡りに行ってきました。

 

女将と二人で行く京都は、約1年ぶりのこと。

やはり相談相手がいる問屋さま巡りは、何よりも楽しいものです♪

 

車中での会話も楽しみなので、

今回は新幹線は使わず、車での京都行き。

 

道中なかなか楽しかったのですが、

東名阪リフレッシュ工事の最中に飛び込んでしまい、

帰りは京都~名古屋は約4時間かかってしまいました。。。

 

今月、お車で京都方面に向かわれる皆さま、

初めから名神高速道路を利用するか、

かな~り時間に余裕を持って動かれる事を強くお勧めします!!

 

さて今回は、

 

普段からお世話になっている問屋さま二社が、

創業の節目と創作の節目の時を迎える記念の展示会があり、

そのお祝いに行くことが一番の目的。

 

この時のために数々の反物や帯を制作され、

それを拝見する時間は何とも楽しく、何点か注文をしてきました。

 

今すぐお召し頂ける様な夏物から、秋冬に向けての別注品も仕込み、

そうした一品たちを皆さまにご覧頂き、ご評価頂ける事は、

着物屋として何よりの楽しみな事。

 

またこのコラムでもアップしていきますので、

楽しみにお待ちくださいませ♪

 

 

女将の着物姿(後ろ姿ですが)は、このような雰囲気に。

 

 

 

単衣と夏衣を兼用で使えそうな、

軽めの紋紗の生地に細かな小紋柄が施された単衣の長着と、

女将愛用の洛風林の帯の夏九寸名古屋帯の組み合わせ。

 

楽そうに袖を通し、京都の街を歩いていました♪

 

 

こちらの写真は、いつもお世話になっている問屋さまの中庭。

 

 

 

一昨日は夜半から大雨が降ったそうで、

少し湿り気のある庭の景色が、何とも風情のあるものに。

 

そろそろ全国的に梅雨入りの声が聞こえる頃、

 

天候が不順な時は、何かと不便な事もありますが、

 

皆さまにとってそんな季節と共に在る、

心穏やかな水無月であり、素敵な季節となります様に。

  • 記事一覧

↑PAGE TOP