和をたしなむ

2017.01.13更新 - 店紹介

季節と共に少しずつ。

三が日も、松の内も、鏡開きも過ぎ、

メディアから流れるニュースからもお正月の浮き立つものを見なくなり、

いつも通りの日常が始まった空気感を感じます。

 

仕事初めから一週間くらいが過ぎた今頃。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか♪

 

 

きもの美濃幸でも、そうした初春感ある店内の装いから、

冬を感じるものへと段々と模様替え。

 

日本の四季と共に、日々それが移ろう様に、

店内に掛ける一品たちも変えていくことが、私にとっての着物屋の在るべき姿。

ご来店の皆さまや、こうしてご覧下さる皆さまに、

着物屋らしい季節の過ごし方」を感じて頂ければと思います。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP