和をたしなむ

2018.10.27更新 - 木綿

普段着に心地好い「伊勢木綿」が入荷しました。

 

普段着着物として最適、

今からの季節、木綿の肌さわりが心地良い、

伊勢木綿20番手が2反、入荷しました!

 

 

淡い色目の伊勢木綿×2。

 

 

正直なところ、最近の伊勢木綿は大胆な太縞が多く、

私自身は、あまり仕入れをする気持ちにならなかったのが現状。

 

気軽にニュートラルな気持ちで普段着着物を楽しめる、

細縞や無地のものを探していました。

 

 

今回、仕入れをしました2反は、

そんな気持ちを叶えてくれるであろう織り上がり!

 

構えず、自分らしく、そして帯や小物の色柄を合わせて、

お一人さまごとにお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

一反は、女性らしい柔らかな色目の格子柄。

 

 

秋らしい色の取り合わせですし、

すこしロングスパンで着る時期を考えて、

来年の春先にもお楽しみ頂ける格子柄です。

 

 

そして、もう一反はこちら。

 

 

若草色の染め分けに、小さな絣柄が織り込まれています。

 

 

こちらは、お方によっては男性もお楽しみ頂けそう!!

 

衿をどちらの色で取るか、追っかけにするか、袖合わせにするかで、

雰囲気がガラッと変わる楽しさがあります。

 

 

今まで3着の伊勢木綿を誂え、

いつも袖を通している私なりにおもう「伊勢木綿の魅力」は、

 

心地良い生地の風合い。

 

にあります。

 

 

木綿着物の様な、特に伊勢木綿の様な織機の木綿着物は、

日常のなかにあってこそ活きる素材で、

「心身共に気兼ねなく着れる。」という事が大切な要素になります。

 

なので、先に書いたように、

大胆な太縞ではそればかり気になってしまう事が考えられ、

普段着として楽しみにくくなりがちです。

 

 

100年前の豊田織機で製織され、打ち込みもシャトルの動きも緩やか、

だからこそ活きる「木綿の質感」が伊勢木綿独自の触感ですし、

それが着ている時の、心身ともの心地良さに直結しています。

 

 

着物を始めたい皆さまにとっては、お手入れも簡単で気兼ねなく着れ、

着物を沢山着こなしておられる方には、洗い替えの一着として便利な素材。

 

どなた様にも気軽に、そして自分らしく、

お楽しみ頂けたらと思います。

 

掲載商品詳細

 

伊勢木綿20番手 (綿100%) 50,000円(税別・お仕立て上がり価格)

※お仕立て上がり価格には、「反物・水通し・お仕立て代(単衣仕立て)」が含まれます。

  • 記事一覧

↑PAGE TOP