和をたしなむ

2017.03.06更新 -

本物をひとつずつ揃えていくこと。「飯田紬 廣瀬草木染織工房 無地紬」

 

 

飯田紬」の無地の新色が入荷しました。

 

 

お客様から、「使い勝手の良い紬はどれですか?」と言われたら、

選択肢のひとつとして必ず思い浮かぶ、この廣瀬さんの飯田紬。

 

伊那谷の大自然から頂いた草木の色で糸を染め、

柔らかな風合いで織り上げられた無地の紬生地は、

当店の定番紬地のひとつでもあります。

 

約4年前、一泊二日の長野の産地勉強会に行った際、

最初に伺ったのが、この飯田紬を製織されている廣瀬さんご夫婦の工房。

 

自然と向き合い、絹本来の風合いを残すことに、

その精魂を尽くされている廣瀬さんのお姿は、とても印象に残っています。

 

その時の様子のブログ記事はこちら絹味を追い求めて。「廣瀬草木染織工芸」

 

廣瀬さんが製織されている飯田紬は、

織り上がりによって色々とランクがあってお値段も色々、

この無地紬は、比較的お手頃な価格でご提供できるという意味でも、

日常使いとして使い勝手の良いものだと思います。

 

使い勝手の良いものとは、

 

何より着心地の良いものであり、TPOの幅が可能な限り広いもので、

どんな時でも、安心して袖を通すことの出来る上質な着心地が、とても大切。

 

廣瀬さんの飯田紬は、そんな使い勝手の良さと、

本物が持つ「物の力」が在ると私は思います。

 

本物をひとつずつ揃えていく。

 

という事は、

持つ人にとっては何よりも楽しく、何よりもうれしい事。

 

飯田紬を通して、美濃幸を通して、そんな楽しみを味わって頂けたらと思います♪

 

 

「掲載商品詳細」

飯田紬(廣瀬草木染織工房) 150,000円(税別)

  • 記事一覧

↑PAGE TOP