和をたしなむ

2019.05.11更新 - 徒然なるままに

染め帯にいきる、写実の美しさ。

 

あまり詳しい訳ではないのですが、

私は花が在る店や日々の生活が好き。

 

一輪、そこに在るだけで季節を感じる事が出来、

心穏やかに過ごせるように思います。

 

 

お客さまとお話しをするサロンスペースに、

花を活ける事は、女将の仕事。

 

すぐ横のお花屋さんに行ったり、庭に咲いている花を採ったり、

お客様から頂いたりしたお花などを、自己流で活ける様にしています。

 

 

私にはその様な技術はないので、

毎月掛け替える絵色紙には、季節の花を選ぶように。

 

 

今月は季節に合わせて、一輪の菖蒲を選びました。

 

そして、サロンスペースの入り口にも、

同じく菖蒲柄の塩瀬九寸名古屋帯を。

 

 

こちらは高久空木さんの一品で、当店では定番の染帯です。

 

 

この一本を含め、高久先生の作品を観ていると、

写実の美しさを感じる事があります。

 

この帯も実際の花と比べれば、きっと細部は違うはずなのに、

その物が持つ「美しさ」は、間違いなく忠実に再現されているはず。

 

 

写実の難しさと、美しさ。

 

 

着物や帯に、染め上げ、織り込まれた柄を見るたび、

いつもその様な事を思っています。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP