和をたしなむ

2020.05.15更新 -

気軽さと快適さを兼ね備えた一着に。「小千谷夏紬 絵絣『水車』」

 

一週間を見渡しても、30℃近い日の方が多くなり、

夏はもう間近まで来ている事を、着ている着物越しにも感じます。

 

 

夏の着物、特に夏の普段着となると、

小千谷縮能登上布の様な麻織物が快適なのは間違いありませんが、

正絹のきものも、なかなか良い着心地。

 

絹自体、吸湿発散性に優れているので、

汗かく夏の日には最良の素材です。

 

 

という事で、

今日の一品は、気軽さと快適さを兼ね備えた、

小千谷夏紬をご紹介します。

 

 

小千谷夏紬 絵絣「水車」

 

 

シックな色目で織り上げられた小千谷の夏紬です。

 

絣は「絵絣」。

 

その名の通り、絵を描く絣なので、

蚊絣や縞格子とは違った趣があります。

 

 

涼感を感じさせてくれる、水車の柄が織り込まれています。

 

 

透け感は程よくあるので、

盛夏に限らず単衣頃から、帯や小物を工夫してお楽しみ頂けます。

 

 

こうした何気ない柄は、

帯合わせによって着ている幅が広く、

八寸を結べば、ちょっとしたお出掛け着に。

 

半巾帯を結んでご近所の買い物にも着回しが出来、

普段着つかいや、日常的に着物を楽しみたい方には、

本当に重宝な一着になるかと思います。

 

 

夏を快適に、そして気軽に。

 

猛暑が続くとなると、それもなかなか高いハードルになりますが、

少しでも快適に、そして自分らしく着物をお楽しみ頂けたらと思いますし、

着物屋として、そのお役に立てたらと思っています。

 

 

皆さまに素敵な夏が訪れます様に。

 

 

掲載商品詳細

小千谷夏紬 絵絣「水車」 120,000円(税別・反物価格)

  • 記事一覧

↑PAGE TOP