和をたしなむ

2017.09.29更新 - 洛風林の帯

洛風林の帯 九寸名古屋帯「ペルシャ裂花文」

 

洛風林の帯が、久しぶりに新入荷しました♪

 

 

当店の好みの帯屋さんであり、

祖父の代から代々お世話になっている、

京都に在る、帯の名店「洛風林(らくふうりん)」さま。

 

詳しくは当店のブログをご覧ください。

洛風林の帯はここを見て「総集編」

 

 

ブログやHPでアップするとすぐに反応があり、

時にはアップする前にご縁が結ばれ、

全国各地で洛風林をお探しの方の元へと嫁いでいる、

素晴らしい世界観を持った帯を制作されている名店ですが、

今回は久しぶりに、HPでもご紹介する事が叶いました。

 

どうぞ、楽しみにご覧くださいませ。

 

 

 

 

洛風林の帯 九寸名古屋帯 「ペルシャ裂花文」

 

 

紬のような節感のある地に、

お太鼓に大きな花文が織り込まれた一品。

 

柄の配置、色使い、挿し色の使い 等、

 

私が大好きな「洛風林らしい」織り上がりで、

今月初めの展示会で一目惚れをして、当店の一本となりました。

 

 

大胆な丸文を一つだけ配する帯は、

昔から帯図案の定石のひとつで、

この帯も丸文を少し右にずらして織り上げた様は、

その定石に乗っ取ったものですが、

 

その中にある色や、柄の大きさにこそ、

私が想う「洛風林らしさ」、「洛風林の世界観」があります。

 

 

 

 

柄に使われている色数は少なく、

パッと見た感じでも、上の写真の5色のみですが、

 

それぞれの色に確固とした個性があり、

主張するだけでなく、互いにその個性を引き立てているところが、

この帯が持つ、とても魅力的な織り上がりと成っています。

 

 

 

 

節感のある無地場の色とのバランスや取り合わせも、

 

これよりも派手だと、柄が浮いてしまい、

これよりも地味だと、個性が失せる。

 

という絶妙なバランスで色選びがされていて、

そうした細やかな気遣いが、帯全体の個性を創り上げています。

 

 

前腹は別腹で、この様な雰囲気に。

 

 

 

 

お太鼓と前腹が違う柄で織り上げている「別腹」の帯であり、

また前腹の柄の幅も普通の帯よりも広くとってあるので、

結んでいただくと無地場が少なく、豪華さもある着姿になります。

 

 

お太鼓の丸文一つの個性と相まり、

織帯らしい豪華さと、色遣いによる個性の演出が楽しめ、

無地の紬などから、ちょっとした小づけの小紋まで、

 

幅広い長着の種類と合わせや、

幅広いTPOでお楽しみ頂ける事と思います。

 

 

洋の東西を問わず、時代を問わず、

 

真実に美しいものは常に新しい。

 

 

という、

洛風林創業からの物創りの精神に則った織り上がりを、

ご来店の皆さま、HPをご覧の皆さまに、お楽しみ頂けたら何よりのこと。

 

 

帯一本が持つ個性を、

合わせる着物との個性や自身の個性と合わせて、

ファッションのひとつ」としての着物を、

自分らしくお楽しみ下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

 

洛風林の帯 九寸名古屋帯 「ペルシャ裂花文」 180,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP