和をたしなむ

2019.10.19更新 - 洛風林の帯

洛風林の帯 九寸名古屋帯「市松飛雲文」

 

独自の美意識を持ち、ものつくりをされている帯屋、

 

「 洛風林の帯 」

 

当店の過去取り扱い一品等の一覧(当店ブログに移行します)

洛風林の帯はここを見て「総集編」

 

 

久しぶりの洛風林さんの帯の紹介。

 

まったく仕入れをしていない訳ではないのですが、

置いておくと比較的すぐに行き先が出来、

なかなか、HPでのご紹介には至らないのですが、

今日は、先月仕入れをした洛風林さんらしい色遣いの九寸を、

皆さまにお届けします。

 

 

洛風林 九寸名古屋帯「市松飛雲文」

 

 

白経の地の上に浮かぶ瑞雲たち。

 

其々に個性を持った色が配され、洛風林さんらしい個性を作り上げ、

着手を一層彩る一役をかってくれます。

 

 

地は無地の様に見えますが、題名の通り「市松」の地模様に。

 

 

バランス良く、そして帯らしく右肩上がりに、

柄付けがされています。

 

 

「市松の地模様」に「瑞雲柄」というキーワードだけを抜き取れば、

どこにでもありそうな九寸になりますが、

そこに配する色の取り合わせにこそ、洛風林の洛風林たる所以が在ります。

 

 

鮮やかな水色や、こっくりとした鶯色。

 

 

このレモンイエローも、洛風林さんらしさを表している、

そんな一色なのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、雲の輪郭と色糸が微妙にずれていますが、

こうすることで柄に立体感が生まれ、

帯の平面から雲が浮き出てみえる効果があります。

 

 

こうした独特の価値観と美意識を持って、

個性を持った色を取り入れ、

かつ、その一色一色を喧嘩させることなく、

また合わせる着物と着手の個性も引き立てる一役を担ってくれる。

 

私が大好きな、洛風林さんの物創りの価値観です。

 

 

そうした一色一色に魂を込めて、

自分らしいものつくりに拘りをもって、

取り組まれている洛風林さん。

 

シンプルな中にある、上質な質感と鋭い美意識は、

結ばれる着手に自信を授けてくれる、大切なワンアイテムになります。

 

 

雰囲気、色柄共に、

色無地から小紋、附下と幅広い長着に合わせる事が出来、

セミフォーマルな場に結ぶに相応しい一本になります。

 

 

七五三など、これからの季節に増えるハレの場を、

そんな名品と思える一品と共に、素敵なひとときをお過ごし下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

洛風林 九寸名古屋帯「市松飛雲文」 200,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP