和をたしなむ

2018.12.15更新 - 洛風林の帯

洛風林の帯 九寸名古屋帯「プレインカ」

 

独自の美意識を持ちものつくりをされている帯屋、

 

洛風林の帯

 

当店も祖父の代から三代、変わらずにお世話になっており、

また、ご来店のお客さまからも絶大なる人気を誇っています。

 

 

このHPを立ち上げて2年。

 

色々な方が、色々な事にご興味をお持ちになり、お問い合わせを頂きましたが、

洛風林の帯に関するお問合わせが一番多い様に思います。

 

 

取り扱いをしている小売店さんが少ないという事もあり、

なかなか市中で現品をご覧頂く機会は少ないからかもしれませんが、

やはり一番は、そのものつくりの精神に共感され、

洛風林のものを手元に置きたいと探されているという方が多い様に感じています。

 

 

 

さて、

今まで色々な洛風林さんの帯を、こちらでもご紹介してきましたが、

今日ご紹介するものは、今までとは少し違う存在感のあるもの。

 

色と地模様の美しさをお楽しみ下さい。

 

 

洛風林の帯 九寸名古屋帯「プレインカ」

 

 

一見すると、無地の帯の様に見えますが、

地模様が織り込まれた一本。

 

何年か前ですが、当店が洛風林さんにお願いをして、

別注で織り上げて頂いたものになります。

 

 

インカ文明、プレインカの織物の文様をモチーフに、

それを帯柄として織り上げたもの。

 

洛風林さんは、洋の東西を問わず、

 

真実に美しいもの

 

を追い求めてものつくりをされており、

こうした南アメリカや、中央アジア等の世界中の文様への造詣が深く、

色々な帯のモチーフとして使われています。

 

洛風林の帯色々(当店ブログにて)洛風林の帯はここを見て「総集編」

 

 

先に書いた通りこちらの帯は、女将が別注でお願いをしたもの。

 

上の藍色のものともう一色、辛子色のものがあります。

 

 

こちらも鮮やかな色使いと、

それを光の濃淡で魅せてくれる、地模様の柄がとても美しい帯。

 

 

こうした無地の帯は、一本持っているととても便利で、

総柄の小紋などに合わせると、その力を存分に発揮してくれますし、

その反面、無地系の紬生地に合わせてみても、地模様が綺麗に浮き出てきて、

帯の個性と上質な質感をお楽しみ頂けます。

 

 

またもうひとつ、私が感じるこの帯の魅力は、

 

織り上がりの質感が抜群に良い。

 

という事です。

 

ご来店頂ける方には、ぜひ手に取り、その風合いをお確かめ頂きたいのですが、

絹のしなやかな風合いが織り上がりの中に活きていて、

帯としての張りはありつつも、柔らかな質感を持っています。

 

きっと、結んでいると体によく馴染み、

結び心地がとても良く、疲れない帯なのではと思います。

 

 

合わせた帯〆は、龍工房さんのもの。

 

季節柄、クリスマスを意識しました。

 

 

 

ただ今当店には、更紗の小紋が手持ちでないので、

また、この帯を活かすコーディネートをご紹介します。

 

 

着物が一層映え、心地よい季節。

 

皆さまも自分らしいスタイルと共に、お楽しみ下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

洛風林の帯 九寸名古屋帯「プレインカ」(絹100%) 各136,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP