和をたしなむ

2016.11.25更新 - 男のきもの

男のきものをグレーの濃淡で楽しむ。

きもの美濃幸の2016年は、男の着物が盛り上がった一年。

 

まだ一カ月ありますが、きっと大晦日の頃には一層そう思うはず。

 

男性のきものファンの皆さま、きものに関心のあるきもの入門の皆さまなど、

今年は多くの男性の皆さまにご愛顧頂き、何より嬉しく、楽しかった一年。

 

残り一カ月も、変わらぬ心で、そんな皆さまのご来店をお待ちしております。

 

ご来店下さる男性の皆さまには、女性の皆さまと変わらず、

その時々の一品をご覧頂きたいと思い、折を見ながら置くものを変えたり、

コーディネートを変えたりしています。

 

今日は、コーディネートを変えた一日。

こんな雰囲気のものになりました。

 

p1260297

 

灰色の無地紬に、濃い灰色の格子柄の角帯をコーディネート。

グレーの濃淡がスタイリッシュにみえる、男性らしいコーディネートになりました。

 

この雰囲気であれば、スーツや洋服などの延長線上の色使いで、

十分に着物らしさをお楽しみ頂けるので、

きもの入門の皆さまにも、緊張感なく、お召し頂けるもの。

 

きものらしさ」を追求する事は、着物を楽しむ真骨頂でもありますが、

反面、色使いや柄あわせなど、洋服ではあまりしない事が、

着物を着始める皆さまにとっては、心に負担にもなっているのも事実で。

 

そういった意味では、安心感と安定感を持って、

お召し頂けるコーディネートだと思います。

 

長着の方は、京都の老舗問屋「千切屋」さまが、

色出しをされている「縹紬(はなだつむぎ)」。
毎年、新たな色を加え、男物を制作されている中の一品ですが、

少し水色がかかった様な灰色は、クールながらも品の良い色目。

 

生地感もしっかりとしており、

入門のの方からには、着慣れない頃は着やすい一着、

着慣れた頃にも無難に着こなせる一着として、

長い目でご愛用頂ける生地の仕上がり。

 

そうした面から考えると、普段からお召しになっている皆さま、

また女性にもお勧めの出来る一品です。
帯は、米沢織の名店「近賢織物」さまのもの。

 

織りで表現された格子柄は、光の当たり方により、綺麗に映え、

その模様が一層美しく見えます。

 

実際のお品は、もう少し落ち着いた雰囲気なのですが、

写真に収めると、なかなかモダンな雰囲気。

 

何の事もない格子柄ですが、お洒落に着こなせるという事は、

何より嬉しい事です。

 

そして、近賢さんの帯は風合いが良く、

結びやすい事が、帯として何より嬉しい事。

 

多くの皆さまにお試し頂ければと思います。

 

冬将軍も到来し、着物が暖かく、着物と心地よく過ごす事が出来る季節。

皆さまにとって、暖かな素敵な季節となります様に。

  • 記事一覧

↑PAGE TOP