和をたしなむ

2017.06.16更新 - 男のきもの

男のきものを嗜む。「白衿・献上・白足袋」

 

今週は公私ともに、

息子の保育園関係の総会があったり、学区の会合があったりと、

目上の方や、礼式のある会合への出席が相次ぐ一週間。

 

 

そんな場所に向かう際は、このようなコーディネートで過ごしています。

 

 

 

 

雨だれ縞の夏御召の長着に、博多織献上柄の角帯の組み合わせ。

無難ながらも、きちんと感のあるコーデを意識しています。

 

 

長着の解説はまた後日にして、


今日は「フォーマル感を意識した小物使い」について、

少しお話しをしたいと思います。

 

 

私の中で「フォーマル」を意識した、長着などの組み合わせをする時、

 

「白衿」 + 「献上」 + 「白足袋」

 

の小物合わせをすれば、

大体の場所をきちんと向かう事が出来ます。

 

 

衿は、「白衿

 

帯は、「絹の博多献上

 

足元は、「白足袋

 

衿や足袋は、

黒や濃紺であれば良いという意見もありますが、

白にしたいのは私なりのこだわり。

 

無地であれば、どちらでも問題はないと思います。

 

 

洋装でいうところの、スーツにネクタイほどかしこまらないけど、

きちんと感を出したい時の小物使い&コーデ。

 

 

 

 

履物も無難な無地系&黒系に履き替えました。

 

 

私の様に、仕事で着物を着る方以外では、

総会や会合等に着物で出席される方はいないかと思いますが、

何かの折のご参考までに。

 

 

和装が洋装と同じポジションで、

比較検討が出来、選択が出来る事を願って、

今日も楽しく着物で過ごしたいと思います♪

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP