和をたしなむ

2019.06.05更新 - 男のきもの

男のきものを嗜む。「角帯の衣更えと、角帯の仕舞い方。」

 

衣替えの季節が到来。

 

長着や襦袢を単衣や夏物に変えると同時に、

角帯も衣更えをしていきます。

 

 

時々、「帯にも季節はあるんですか?」というご質問をお受けしますが、

着物にはそれぞれのアイテムに袷から夏物の区分があり、

もちろん角帯にも、それがあります。

 

ただ、最近は夏物の角帯と言っても点数を見る事もなく、

実状的には、絽などの織り方や技法よりも、

夏は素材を麻のものにしてみたり、色柄を涼しげなものにして、

夏らしい装いをする事が一般的になっている様に思います。

 

 

私自身も、純然たる夏の角帯の手持ちは3本ほど。

 

どれもフォーマルなものが多く、

カジュアルな角帯の場合は先に書いた通り、

色柄の組み合わせの中で、季節感を楽しんでいます。

 

 

こちらは普段使いのもの。

 

 

左から、

さき織り」「紙布」「ミンサー」「絹織」と、

手持ちの長着に合わせやすく、

パッと手に取りやすいものを選んでいます。

 

 

続いては、フォーマル向け。

 

 

左から、

米沢織」「博多織」「博多織」と、

絹織物のものを選び、

フォーマルに向きそうな無難な色柄をチョイス。

 

最後は遊び心の在るもの。

 

 

左から、

綿の捺染」「博多織」「ロートン織」と、

見た目が楽しい、色柄溢れるものを選んでみました。

 

 

TPOに合わせて、普段からフォーマルまで、

渋めの長着に合わせると、見た目が楽しいものをチョイス!

 

 

「着物って楽しい!」ということを、

着姿からも表現できたらと思っています。

 

 

これらの帯に限らず、その時々、気が向くままに、

クローゼットに掛けてある帯を取って結ぶ事もありますが、

基本はこのセットで大体OK。

 

ちなみに私は普段から、

角帯はこの様に木製ハンガーに掛けて仕舞うようにしています。

 

 

フレームは木製。 掛具は金属製。

 

角帯は3~4本まとまると結構な重量になるので、

プラスティックのハンガーでは重みに耐えきれず、すぐに壊れます。

 

これであればそうした心配もなく、

また首も掛け部も回るので使い勝手も良いです。

 

 

着物が一層美しくなる、夏衣の季節。

 

 

男性の皆さまも、

自分らしいファッションの選択肢としてきものを選び、

そしてお楽しみ頂けたら、何よりのこと。

 

 

素敵な夏をお過ごし下さいませ。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP