和をたしなむ

2020.05.16更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

肩の力を抜いて、夏着物を楽しむ一本に。「藍絣 麻八寸『立湧柄』」

 

見ているだけでも癒される色、

それは人それぞれですが、私は「藍色」が一番それを感じます。

 

 

ジャパンブルーでもある「藍色」。

 

日本人として、根底にある色なのかもとも思いつつ、

今日は藍色を気軽に楽しめる帯をご紹介します。

 

 

藍絣 麻八寸 立涌柄

 

 

藍色の地色に横絣で立湧柄を織り込んだ、

シンプルな麻の八寸です。

 

 

本当にシンプル。

 

飾り気ひとつない、そして何気ない一本なのですが、

普段からきものを楽しまれている方には、

一本あると一層気軽さが増す重宝な帯になると思います。

 

 

麻の帯地なので、ざっくりとした素材感を持ちながら、

使い込むとしなやかさが増す、麻らしい特性もある一本。

 

藍の色も使ううちに枯れていき、経年変化も楽しめるかと思います。

 

 

立湧柄と井桁柄を組み合わせた様な絣柄の連続。

 

前腹もこの繰り返しになります。

 

 

合わせる長着は、絹でも麻でも木綿でも、

普段着つかいのものであれば何に合わせても相性が良い一本。

 

昨日ご紹介をしました、小千谷夏紬に合わせてみました。

 

 

着物を着る事が特別なものではなく、日常の延長線上に在るもの。

 

着物も補正など大してせずに、衿も軽く抜きながら楽しむ、

肩の力を抜いた着物の楽しみ方。

 

 

普段着きものの理想かと思いますが、

この帯とご縁のある方にとってそうした中に在ると存在感を増す、

何気なくも大切な一本になればと思います。

 

 

掲載商品詳細

 

藍絣 麻八寸「立湧柄」 70,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP