和をたしなむ

2017.09.23更新 - 女将の着姿

女将の着姿。「自分らしく、着物を楽しむ日々。」

 

お彼岸の一日。

 

今日は太陽から降り注ぐ陽気は暖かくとも、

空気は少し冷たく、優しく吹く風が心地の良い一日です♪

 

 

夏の間、体力的に着物から離れていた女将も、

九月が半ば過ぎたあたりから、着物で店に立つ日が増えてきました。

 

ご来店頂いたお客様ならご存知の通り、当店の女将は日々元気に、

皆さまとの楽しい会話を楽しみに店に立っていますが、

年齢的には、俗にいう後期高齢者を過ぎたころ。

 

自分自身も、若い頃とは違う事を自覚していて、

朝起きた時の体調や、その日の天気予報を見てから、

着物にするか、洋服にするかを決めている様です。

 

 

「着物屋が着物を着ないなんて」

 

などと、お叱りを受けるかも知れませんが、

無理をして、体調を崩してしまったら、

着物自体を楽しむことが出来ないのも事実。

 

皆さまも決して無理はせず、

自分らしい装いのひとつとして、

着物を楽しんで頂けたらと思いますし、

 

当店が、そうした皆様のお役に立てるのであれば、

着物屋として何よりの事と思います^^

 

 

ちなみに、今日の女将の一着は、

単衣の真綿紬と半幅帯の組み合わせ。

 

真綿の単衣が心地良く感じる、季節の到来です♪

 

皆さまも素敵なお彼岸の一日をお過ごし下さいませ。

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP