和をたしなむ

2021.10.26更新 -

しなやかで軽やかな、紬の魅力を。「大島紬「藤絹織物・赤茶絣」」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

今日ご紹介する一反は、

珍しい一反。

 

当店のデッドストック的な一反ですが、

秋袷には絶対に心地よく、

また軽やかな袖を通して頂けるので、

皆様にもご紹介したいと思います。

 

 

大島紬「藤絹織物・赤茶絣」

 

 

二大紬のひとつ「大島紬」。

 

そのしなやかで軽やかな生地感は、

「紬の女王」とも言われ、

多くの方に愛され続けている、

絹織物のひとつです。

 

 

こちらの一反は、

その大島紬のなかでも珍しい、

「藤絹織物」さんが手掛けた一反。

 

 

藤絹織物さんといえば、

「都喜ヱ門」の名で有名で、

絵画のように緻密に織り上げた一反は、

見るものを魅了する一反ばかりです。

 

 

こちらは、そうした都喜ヱ門とは違い、

シンプルな織り上がりの一反。

 

 

赤茶色の横絣のみで織り上げてあります。

 

 

所々に、緯糸の細縞が織り込まれ、

シンプルな中にいいアクセントがあり、

誂えた時の表情が生まれます。

 

 

また、絹本来の光沢感が活きており、

光の陰影を受けると見え方も変わり、

それも得も言われぬ表情を生んでいます。

 

 

大島紬というと、

都喜ヱ門とまではいかなくとも、

緻密な織り柄が特徴的で、

 

このような無地感覚の大島紬は、

そうした魅力とはかけ離れた部分はありますが、

 

その分、

帯合わせや小物合わせが楽しく、

秋袷に限らず、その折々の色柄をお太鼓や帯締めに乗せて、

自分らしいスタイルを思う存分にお楽しみ頂けたら、

何よりも嬉しいことです。

 

 

そうした美濃幸好みの帯合わせは、

また後日にて。

 

 

自分らしく合わせることを楽しみながら、

着物と在るひとときをお楽しみください。

 

 

《掲載商品詳細》

 

大島紬「藤絹織物・赤茶絣」 165,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

大島紬「藤絹織物・赤茶絣」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP