和をたしなむ

2017.05.08更新 - 徒然なるままに

ゴールデンウィーク明け 新入荷した角帯を早速コーディネート。

 

ゴールデンウィーク最終日の昨日は、通常通りの定休日を頂き、

今日は午前中に、名古屋の問屋街、伏見の「長者町繊維街」にいき、

期間中にご注文頂いた商品などの仕入れに行ってきました。

 

 

 

各問屋さまとのご挨拶も「夏がやってきましたねー!!」という言葉が自然と口に出て、

繊維街を歩くビジネスマンの姿も白いワイシャツが目立つ様になった、ゴールデンウィーク明け。

 

 

男性のお客様からのご要望の多い角帯のバリエーションを、

夏向きを中心に増やしました♪

 

 

そして店に戻り、早速、今夏の新作ゆかたとコーディネート。

 

 

 

 

ゆかたは、江戸染の名店「竺仙」さまの今夏の新色ですが、

麻の無地感覚の角帯がしっくりと馴染みます。

 

 

幾何学模様のような、格子柄の繰り返しのような、

とても斬新な、前衛的な空気感のある染め上がりですが、

染めに使われている型紙は、古くからのものを使われるのが、竺仙さまの特徴。

 

 

配色や柄の取り方などを工夫し、

古くから受け継がれてきた柄を今の時代に活かす染の力は、

流石の老舗の力だと感じる一品です。

 

時代を経て、磨かれた柄は、最新に通ずる。

 

という事です。

 

 

ご注文だけでなく、ご新規の皆さまからのご相談も増えている今夏。

 

どうぞお気軽にご相談・ご来店下さいませ♪

 

 

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP