和をたしなむ

2021.06.06更新 - 帯〆・帯揚

シンプルな色合わせを組紐の表情と共に「渡敬・夏帯〆・市松・スカイブルー」

 

夏を予感させる蒸し暑さが続く、

六月はじめの名古屋。

 

 

夏着物、夏衣が恋しくなる季節の到来です。

 

 

今日は、

そんな夏の季節を盛り上げてくれる、

 

「夏小物」

 

をご紹介したいと思います。

 

 

前回のコラムに引き続き、

今日はこちらのコーディネートをご紹介。

 

 

見るからに夏らしい色の組み合わせ。

 

 

昨日ご紹介しました「帯揚げ」に続き、

夏帯〆もご紹介をします。

 

 

渡敬・夏帯〆・市松・スカイブルー

 

 

こちらも帯揚げと同様、

京都の小物屋「渡敬」さんの一組。

 

 

渡敬さんは組紐屋さんから始まっており、

こうした独自の組み方の帯〆を、

多数お持ちのメーカーさんです。

 

 

とてもシンプルな色合わせ。

 

 

スカイブルーとグレーの二色を、

市松状に組み上げたもので、

この二色の組み合わせが、

夏らしい涼感を帯周りに加えてくれます。

 

 

色は夏小物の定番色なので、

色々な着物や帯に合わせて頂けますし、

組み方に表情があり、

 

それが帯周りの良いアクセントを加えてくれるので、

いつもの夏着物や帯でも、

違った着姿をお楽しみ頂ける一本になるかと思います。

 

 

来たる、心躍る夏の季節。

 

 

お好みに合わせて、

自分らしい色を取り入れながら、

素敵な夏の季節を着物と共に、

お過ごし頂けたらと思います。

 

 

《 掲載商品詳細 

 

渡敬・夏帯〆・市松・スカイブルー 8,800円(税込)

 

《 ご購入はこちらから 

 

夏帯〆・渡敬・市松・スカイブルー

  • 記事一覧

↑PAGE TOP