和をたしなむ

2017.12.02更新 - コーディネート紹介

一本の帯と六変化の長着の組み合わせ。「岡本隆志型絵染九寸名古屋帯×美濃幸好み 染織六選」

 

先日のコラムでご紹介しました、一目惚れの型絵染の九寸名古屋帯、

岡本隆志 型絵染九寸名古屋帯~唐草に鳥~」。

 

早速、美濃幸好みの長着との組み合わせを、

染織問わず、色々と試してみました。

 

まずは「織物」からご紹介をして参ります♪

 

 

紅花染よねざわ新田 太子間道

 

ブログでも、「紬に合わせてみては~」と書きましたが、

やはり、間違いなく鉄板の組み合わせ。

 

今回は小格子の紬を合わせましたが、

無地紬なら、尚更帯の個性が際立ちます。

 

当店でいえば、「飯田紬の無地紬」などは、抜群の相性があります。

 

 

久米島紬 ツバメ絣

 

色・絣柄共に「民藝」の香りのする久米島紬のツバメ絣ですが、

同じく民藝に源流のある型絵染だからか、互いの個性を引き立てている様子。

古典的な色柄にも、すっとおさまります。

 

 

織司なかむら 風通御召

 

格調高い織物である「御召」にも個性を持っておさまる帯姿は、

なかなかのものだと感じます。

ましてや、織司なかむらさんの御召は、

そのしなやかな素材感と絹の上質な光沢感を持つ織物なので、

一層、互いの個性を引き立ててくれています。

 

上の久米島紬とは、同じ織物と言えども正反対にあるもので、

普通で考えれば同じ帯は合いにくいはず。

 

上手に帯が取り持ってくれています。

 

続いては「染物」。

 

 

ボカシ染分け小紋

 

モダンな配色の染め分け小紋にも、個性と共に乗っています。

好き嫌いは分かれると思いますが、相性としてはまずまずは雰囲気です。

 

 

乾山小花文 小紋

 

飛び柄の小紋とは、間違いのない組み合わせになりました。

小花模様との相性も抜群。

染×染の組み合わせですが、品よくまとまります。

 

 

江戸小紋 万筋

 

型染小紋の定番「江戸小紋」。

その三役のひとつ「万筋」と合わせると、

小粋な縞柄が一層際立つと共に、愛らしさも添えてくれます。

 

 

以上、

美濃幸好み六選との組み合わせでした。

 

帯〆帯揚の色合わせによって、また一味、個性が変わると思いますが、

総じて感じた事は、「力のある一品同志は相性が良い。」という事。

 

兎角、力のある一品は、片方が弱いものを合わせてしまうと、

個性を殺してしまい、共倒れする事が、まま見受けられます。

 

こうして合わせてみても、染織問わず、

きちんとした物作りがされているものとは、

 

自身の個性を主張しながら、

互いの個性を引き立てながら、

 

すんなりと合わさっていく印象があります。

 

 

そこに加わる、最も大切な「着手の個性」。

 

皆さまも自分らしい一品と共に、

ファッションの着物をお楽しみ下さいませ。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP