和をたしなむ

2020.12.19更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

愛らしさの中に在る大人の品格を。「塩瀬九寸『クリスマス』」

 

クリスマスまで一週間。

 

今年もクリスマスに相応しい季節感を感じさせてくれる、

きもの美濃幸らしい一本が届きました。

 

 

塩瀬九寸「クリスマス」

 

 

墨黒の地色の上に浮かぶ、ホワイトクリスマスツリー。

 

手仕事の塩瀬九寸になります。

 

 

大柄で大胆な構図のクリスマスツリー。

 

地色は黒に見えますが実際には濃い目の墨黒なので、

黒とは違う柔らかさがあります。

 

 

その地色に浮かぶホワイトクリスマスツリーには、

愛らしいデコレーションが沢山!

 

てっぺんに光る一番星は、

細やかな手刺繍が施されています。

 

 

彩り豊かなデコレーションや、

クリスマスオーナメントには手挿しの色挿しや、

 

 

丁寧な箔置きがされており、

 

 

そうした「手仕事の良さ」が集まり、

この一本の帯が仕上がっています。

 

 

少し余談ですが、

 

クリスマスをモチーフにした帯は、

問屋でも結構見かけるのですが、

私自身にピンとくるものはあまりありません。

 

 

その理由は、どこか子どもっぽさが残っているから。

 

 

洋風のモチーフはどうしても、

愛らしさ満点やアニメチックなものが多く、

それが私が想う琴線には触れず、

なかなか食指が伸びないのですが、

 

この一本は、先に書いた様な、

ひとつひとつの丁寧な手仕事が集まり、

そのひとつひとつの力が相まり、

 

愛らしさの中に在る大人の品格を感じさせてくれる、

そんな仕上がりになっていると思います。

 

 

そんな素敵な帯の前腹の様子はこちら。

 

 

クリスマスオーナメントと、空に輝く星たちの共演。

 

オーナメントは大人可愛らしく、

 

 

集う星たちはシンプルな良さがあります。

 

 

この一本は、太鼓柄が大胆にとってあり、

クリスマスツリー全体を、お太鼓全体で見せるには少し大きめ。

 

 

一番星とその上に空間を取ると、この様な雰囲気に。

 

 

反対に、足元を残そうと思うと、

この様な雰囲気になります。

 

 

上の写真では、一番星が隠れている様に見えますが、

実際に結んで頂くと、太鼓の山の頂上辺りに星がくるので、

この結び方が私のおすすめ。

 

 

今年はクリスマスパーティも少なく、

 

「この日の為に!」

 

と、こうした帯をお求めになる方は、

少ないのが現状。。。

 

 

とはいえ、

大好きで、心を寄せる一本が手元に在ると、

それだけで心が豊かになり、

いつかやって来る着物を着て楽しむひとときが、

一層心待ちになるというもの。

 

 

この帯が心寄せる皆さまにとって、

そんな素敵な一本になればと思います♪

 

 

掲載商品詳細

 

塩瀬九寸「クリスマス」 170,000円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP