和をたしなむ

2021.07.29更新 - 商品紹介

深みのある蜻蛉玉の世界を。「夏小物お見立て会 おすすめ帯留『蜻蛉玉帯留』二選」

 

31日(土)まで開催中、

 

夏小物お見立て会

 

今日は帯周りを彩る、

 

「帯留」

 

をご紹介します。

 

 

昨日は気軽に使える「陶器帯留」をご紹介しましたが、

続いては趣向を変えて、

 

蜻蛉玉

 

の帯留を2つ、ご紹介します。

 

 

まずはこちら。

 

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・花」

 

 

綺麗なスカイブルーのガラス地に、

立体的な花と金箔が施された一品です。

 

 

見た目にも涼感を感じ、

また存在感を感じる仕上がりです。

 

 

蜻蛉玉とは、

ガラスの工芸品の事で、

本来は蜻蛉の目の様な雰囲気から、

そう言われる様になり、

今ではガラス製の工芸品の多くを、

そう呼ぶようになっています。

 

 

ガラスをループ状に仕上げた一品。

 

 

三分紐はもちろん、

それよりも少し太めの四分紐あたりまでなら、

通す事が出来ます。

 

 

マットな質感と共に、

スカイブルーの色合いがとても涼しげ。

 

夏にお付け頂けたらと思います。

 

 

続いてはこちら。

 

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・桜」

 

 

透明感あるガラスの中に、

満開の桜と遠山の風景。

 

蜻蛉玉らしい仕上がりの一品です。

 

 

どうやって作られたのか、

見れば見るほどに不思議に思いますが、

この薄いガラスの中に、

桜と遠山、そして青空が表現されており、

それぞれが距離感をもって表現されています。

 

 

こちらは穴が細めなので、

三分紐のみが通せる仕様になっています。

 

 

どちらの帯留も、

帯留としてだけでなく、

チェーンを付けてネックレスとしても、

お使い出来る仕上がりです。

 

 

手の込んだ一品を身近にあると、

心が豊かになります。

 

そうした手工芸と共に、

上機嫌な日々をお過ごし下さいませ。

 

 

《 掲載商品詳細 》

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・花」 25,300円(税込)

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・桜」 25,300円(税込)

 

 

《 ご購入はこちらから 》

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・花」

 

帯留「蜻蛉玉・ガラス製・桜」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP