和をたしなむ

2021.11.05更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

無地帯の魅力を存分に楽しむ一本。「九寸(名古屋帯)「洛風林・プレインカ・辛子色・藍色」」

 

11月の特集第一弾、

 

「思わず目に留まる、美濃幸好みの八寸・九寸」

 

 

昨日の引き続き、

今日も「洛風林」さんの九寸を、

ご紹介していきたいと思います。

 

 

今日の一本は、同柄の色違いを2本!

 

無地帯の魅力を、

存分にお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

九寸(名古屋帯)「洛風林・プレインカ・辛子色」

 

 

きれいな辛子色一色に織り上げた、

洛風林さんが手掛けた一本。

 

織り込まれた柄は、

洛風林さんの定番柄ですが、

この単色の無地帯での織り上げは、

美濃幸オリジナルの一本になります。

 

 

秋冬に限らず、

袷から単衣に向けて、

結んで頂ける一本。

 

地模様が大変美しく、

織り上げられています。

 

 

無地帯は着物好きには重宝なのですが、

ただの「無地」ではつまらなく、

また柄が出しゃばり過ぎては意味がなく、

ちょうどいい頃合のものがあまりありません。

 

 

そうしたことから、

日常から着物を着ている当店女将が、

洛風林さんにお願いして製作した一本で、

無地帯の良い所を、存分にお楽しみ頂ける仕上がりです。

 

 

写真でも伝わるはずの、

帯の光沢感。

 

 

光の陰影によって、

地模様が美しく際立ちます。

 

 

配色はこの辛子色と、

藍色の二色。

 

 

藍色の方も同じく、

地模様が美しく浮き上がって見えます。

 

 

先に書きました「光沢感」は、

糸質の良さが何よりの事で、

手に取った時のしなやかさは、

他の織り帯にはないもの。

 

 

柄を表す金糸銀糸を、

使っていないからもありますが、

無地帯の良さを味わって頂くための、

最良の絹糸を選び、織り上げてあり、

こうしたものつくりへのこだわりが、

洛風林らしさに繋がっています。

 

 

合わせる長着は、

紬から小紋、無地系の着物まで、

お好みと個性に合わせて、

自由にお楽しみ頂きたい一本です。

 

 

帯締めや帯揚げ、

小物の色合わせも同じく。

 

その折々の季節感や気分に合わせて、

自分らしい一色を選び、取り入れることで、

この帯の魅力が一層際立ちます。

 

 

着物と在る時間が好きな色とともに在る、

素敵なひとときとなります様に。

 

 

《掲載商品詳細》

 

九寸(名古屋帯)「洛風林・プレインカ」(辛子色・藍色)

各154,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

九寸(名古屋帯)「洛風林・プレインカ・辛子色」

九寸(名古屋帯)「洛風林・プレインカ・藍色」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP