和をたしなむ

2021.10.29更新 -

無地紬の魅力を身近に楽しむ。「無地紬「縹紬・アイスグレー」」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

昨日ご紹介をしました、

長井紬「阿仙薬染・十字絣」に続き、

 

今日ご紹介する一反も、

気軽に、肩の力を抜いて楽しめる、

そんな秋袷に向く一反です。

 

 

無地紬「縹紬・アイスグレー」

 

 

京都の老舗問屋「千切屋」さんが、

長年オリジナルで製作をし続けている、

紬生地「縹紬」。

 

先日、薔薇の絵絣紬をご紹介しましたが、

こちらはそれと同じ機屋で織られた、

無地紬になります。

 

 

男性向けにと織られた一反で、

反幅は広幅の1尺5分。

 

 

アイスグレーの地色も、

小粋さを感じる雰囲気になっています。

 

 

意外とありそうでない、こうした色目。

 

 

今日もご来店のお客様と、

その盛り上がったのですが、

 

お洒落なきもの男子が増えてきた昨今、

 

黒・灰・茶ではない、

中間色であったり、流行色を取り入れた、

男性向けの着物がもっと増えればと、

常々願っています。

 

 

羽織の色合わせや、

角帯の合わせ方も、

長着の色次第で変わりますので、

いつも一色違う色目を、

 

また、

 

こうした無地紬のような、

普段着使いに重宝なものからアイテムが増えて行くように、

日々、品ぞろえを考えています。

 

 

そしてもうひとつ、

 

こうした男性向けであり、

また一色工夫がある一反は、

女性にも人気が高いです。

 

 

帯合わせ次第、小物次第で、

自分らしいスタイルを楽しめる、

そんな魅力的な一着に仕上がります。

 

 

節感に表情があり、

風合い良い、無地紬の魅力。

 

 

袷が心地よい季節に、

存分にお楽しみくださいませ。

 

 

《掲載商品詳細》

 

無地紬「縹紬・アイスグレー」 110,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

無地紬「縹紬・アイスグレー」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP