和をたしなむ

2017.01.24更新 - 男のきもの

男のきものを嗜む。「足元から晴れやかな気持ちに」

お洒落の基本は足元から

お気に入りの靴を履くと、自然と気分が盛り上がる

 

という様に、履物に拘りたいのは和洋問わずファッションの肝で、

ただ和装の場合はあまり選択肢がなく、

特に男性の多くが「あるもの」を履かれているというのが現状の様に思います。

 

実は、当の私たち専門店もそうで、需要が少ない分、製造をされている会社も少なく、

男物の履物は常にアンテナを張って探している感じ。

 

そんな悲しい現状ですが、先日出逢った草履が心躍る、

晴れやかな気持ちと共に履けそうな一足でした。

 

 

スカイブルーの台に、黒の格子柄の鼻緒が挿げられた一足。

カジュアル向きの男物草履です。

 

綺麗な色は挑戦的な色ですが、

実際に試してみると、それだけで着物を着るのが楽しくなるというもの。

 

お気に入りの色を足元に履きながら、色の力の不思議を感じる毎日です。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP