和をたしなむ

2021.12.13更新 - 徒然なるままに

色と柄を楽しむこころ。

 

先週から始まり、

毎週月曜日に面白く拝見しますEテレの新番組

 

「日々、キモノ暮らし」

 

今週は、

着物研究家シーラ・クリフさんが

出演されていました。

 

 

色と色を組み合わせ、

 

柄と柄を取り合わせる、

 

シーラ流の着物スタイル。

 

 

正統派?の着物ファンからすれば、

シーラさんの着姿は、

もしかしたら違和感を感じる方も、

おられるかもしれません。

 

 

私はどうかといえば、

 

美濃幸的には、

シーラさんにご提案出来るものは、

あまりない様に思いますが、

 

シーラさんが想う、

着物スタイルはとても共感します。

 

 

現代の着物スタイルの多くは、

洋装と似通ったものが多く、

白黒グレイッシュなモノトーン系や、

落ち着いた茶系オリーブカラーを、

好んで合わせる方多い様に思います。

 

 

 

でも、

美濃幸好みのコーディネートは、

 

「色を挿す。」

 

ということがとても大切で、

コラムの商品紹介でもこの言葉をよく使いますが、

色と色を組み合わせるコーディネートや、

季節感を取り入れた柄をそこに加える事を、

ご縁のあった皆さまにご提案出来ればと思っています。

 

 

この考え方は、

着物がファッションとして全盛期を迎えた、

大正~昭和の正統派の考え方で、

 

その頃の着物や帯、そして長襦袢などを見ると、

目にも鮮やかな色彩と大胆な柄に心が奪われます。

 

 

なので、私が思うに、

シーラさんの今のコーディネートは、

着物スタイルの正統派。

 

 

「着物の色と柄で楽しくコーディネート」

 

という言葉に、

日々使い、好む色柄は違えども、

想いは一緒なんだなと、

勝手ながら感じ、楽しく拝見をしました。

 

 

そんな、着物らしいファッションを、

今年も残りわずかですが、

ご提案出来ればと思います。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP