和をたしなむ

2020.12.12更新 -

薔薇の華やかさと絵絣の素朴さをともに。「千切屋謹製 縹紬『薔薇』」

 

今年の師走も走り出しは、

昨年の様な暖冬を思わせる気温が続き、

着物を着ていても肌寒さを感じる事は、

まだ、あまりありません。

 

 

ただ、来週からは寒気が下りてきて、

師走らしい気候になるとの事。

 

そうなると心地好い素材は、

柔らかな「紬」がおすすめになります♪

 

 

という事で、今週末のコラムでは、

紬でも「絵絣紬」にスポットを当て、

色柄素材共に暖かなものを、皆さまにご紹介したいと思います。

 

 

まずはこちら。

 

 

千切屋謹製 縹紬 「薔薇」

 

 

染織の老舗名店「千切屋」さんが、

昔から止め柄(オリジナル)で製作されている、

縹紬(はなだつむぎ)。

 

千切屋さんらしく、また止め柄らしく、

今は珍しい絵絣の紬になります。

 

 

淡い山吹色の地色の中に、

大小の薔薇の花が織り込んだ一反。

 

 

絵絣というと若干古臭さを感じますが、

この一反はモダンな柄付けになっており、

また、絵絣らしい遊び心と、同じく絵絣らしい素朴さが相まり、

街着や遊び着の一着として、楽しい気持ちともに、

袖を通して頂けると思います。

 

 

帯選びは、個性に合わせて。

 

またの機会に、

美濃幸好みをご紹介したいと思います♪

 

 

今、「紬」といえば無地か縞、格子柄がほとんどで、

こうした柄になった「絵絣紬」は見かける事も少なくなりました。

 

 

絣糸つくりや織る手間が掛かり、

また、スーツ感覚の着物が好まれる昨今、

拡大して製織される事はありませんが、

絵絣らしい、絵絣ならではの楽しみを、

きもの屋としてご提案したいと思います。

 

 

続いての一反もお楽しみに。

 

 

掲載商品詳細

 

千切屋 縹紬「薔薇」 124,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP