和をたしなむ

2017.07.07更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

透けて魅せる 夏帯の魅力。「夏九寸名古屋帯 ~南瓜~」

 

夏本番、七月の到来です!!

 

店内に掛けてある夏衣や浴衣、夏帯、夏小物たちも、

そんな夏の到来を待ちに待っていたかの様子。

 

かぼちゃ柄の夏帯も、遊び心と共に素敵な色柄を発しています。

 

 

夏 九寸名古屋帯 「南瓜」

 

夏を迎えると、美味しくなるかぼちゃ。

 

私の大好きな野菜にひとつですが、

その風情を残したまま、帯の柄に染め抜いた一品です。

 

ろうけつ染で柄を描き、生地のよろけの透け感や風合いと相まり、

夏衣に合わせやすい仕上がりになっています。

 

 

この帯の様に、濃いめの地色で、

透け感に特徴のある、夏帯の場合、

 

帯の中に入れる「帯芯」の選び方によって、

その見え方や印象が大きく変わっていきます。

 

ちなみに、下の写真は芯に見立てた白紙を挟んだもの。

 

 

柄の輪郭や、よろけた生地感が、よく分かります。

 

この白紙を抜くと、

 

 

同じ柄、同じ色なれど、全く違う印象を受ける帯になります。

 

夏帯は白い帯芯が基本ですが、

お召しになられる方のご希望や、帯の性格に合わせて、

 

少し色の掛かった帯芯を合わせたり、

濃い色目のものを入れる事もあります。

 

表生地だけでなく、裏地も凝ってみる、和装の楽しさ。

 

夏帯は、この「透け感」にこそ魅力があり、

着手の品格を高めてくれる最大の要素があります。

 

皆さまも夏帯選びの際は、

帯芯に拘り、自分らしい一本に仕上げてみて下さい。

 

 

「掲載商品詳細」

 

夏九寸名古屋帯「南瓜」 絹100% 100,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP