和をたしなむ

2018.01.19更新 - 小紋

一式あると重宝な着物や帯とは。「千切屋謹製 飛び柄小紋×紹巴織九寸名古屋帯」

 

前回のコラムに引き続き、

今日も染物のコーディネートをご紹介。

 

きもの美濃幸好みの中では珍しい、でも当店らしい、

キリッとした雰囲気の組み合わせをお楽しみ下さいませ。

 

 

京都の老舗問屋「千切屋」さんのお仕事の飛び柄の小紋と、

同じく、千切屋さんの留め柄(オリジナル)で製織された、

紹巴の九寸名古屋帯の組み合わせ。

 

こっくりとした地色の小紋と、

フォーマル感と品の良さを感じる紹巴の織り上りが、

綺麗に合わさりました。

 

 

最近は、茶道をされる方や、習事をされているお客様のご利用が増え、

そうした皆様が気兼ねなく、また場所を問わず袖を通せるものも、

少しずつ揃える様に心掛けているのですが、

この小紋と名古屋帯は、そうした皆さまに喜んで頂けたらと思い、見分けた一品たち。

 

お習い事の場所から、ちょっとしたパーティまで、

幅広いTPOで活躍すると思います。

 

 

小紋は千切屋さんの留め柄のもの。

雲取りの飛び柄の中に、七宝柄や花菱が染め抜かれています。

 

 

小気味よく、柄が配されているので、

特段柄合わせを気にせずとも、

附下の様なフォーマル感は出てきます。

 

 

こうした何気ない小紋は本当に重宝する一着になりやすく、

帯次第、小物次第で、礼・格の上下が出来るコーディネートは、

困ったときの一着として活躍します。

 

今回は紹巴の九寸を合わせましたが、

袋帯を合わせれば、礼装感は高まります。

 

 

今回のコーディネートは、初春の御挨拶的な雰囲気を作る為に、

帯〆も渡敬さん亀甲組の同系色、きちんとしたものを合わせました。

 

この組み合わせであれば、あえて袋帯をしなくても、格は充分な感じ。

 

個性に合わせて、帯合わせ、小物合わせを、

自分らしく愉しんで頂けたらと思います。

 

 

飛び柄の小紋は、三丈(約12メートル)の端から端まで、

柄を付けなければいけないので手間が掛かってしまい、

高価になってしまいがちです。

 

ただ、この小紋は柄の彩色を手挿しではなく、

型染で行っているので、手挿しの様な色の深みは薄いですが、

物としては十二分の力のある仕上がり。

 

その分、価格もリーズナブルになっており、

どなた様にとっても、気軽にお召し頂ける、

本当に「便利」な一着になれば、何よりと思っています。

 

 

着物や帯は、「リーズナブル」と言えど、

プレタの洋服などとは違い、それなりにお値段がするというもの。

 

一式持つのであれば、出来る限り幅広いTPOで使える方が、

より一層嬉しいのが本音だと思います。

 

 季節感を問わない。

 長着の場合、帯合わせがしやすい。

 帯の場合、小物合わせがしやすい。

 

という事は、

一式あると重宝な着物たちのひとつの条件であり、ハードル。

 

皆さまの好みに合わせて、そうした一品を探すお手伝いが出来たら、

着物屋として何よりも嬉しい事です。

 

 

春のきものシーズンに向けて、素敵な一着との時間をお楽しみ下さい。

 

 

掲載商品詳細

 

飛び柄小紋 絹100% 120,000円(税別・反物価格)

紹巴織 九寸名古屋帯 絹100% 120,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP