和をたしなむ

2017.11.09更新 - 附下

《出品商品紹介 7》フォーマルの品格「附下・訪問着」。

 

11月3日(金)から11日(土)まで開催中、

きもの美濃幸2年に一度のバーゲンセール、

 

二年に一度の蔵出し市~冬物の陣~

 

二年に一度のこの機会を、

お待ち頂いているお客さまも居られ、

着物屋としては、本当に有難い限りのこと。

 

皆さまにお楽しみ頂けます様、

しっかりと準備を整えてまいりました!!

 

 

ということで、

目玉商品を中心に「出品商品」を皆さまにご紹介して参ります。

 

ご来店の際の参考に。

 

ご来店頂くきっかけに。

 

ふとした時のお楽しみに♪

 

と、

おひとり様ごと、

色々な楽しみ方をして頂けたらと思います。

 

ただし、ひとつお断りがあります。

 

このどなた様もご覧頂けるブログには、

蔵出し市価格は不掲載」とします。

 

理由は、お取引先様に、

ご迷惑をお掛けしてしまう事がある為です。

 

どれも、当店が仕入れをした一品ばかりで、

販売価格を掲載する事は、当店の自由とも言えますが、

それが原因で、大切なお取引先様のご成果を、

不必要に落としてしまう事もあります。

 

ご覧の皆さまには大変お手間ですが、

お値段のお問い合わせは、電話かメールにてお願い致します。

 

 

第7回目は、「訪問着・附下」。

 

当店はどちらかというとカジュアル傾向が強く、

紬や小紋といったものの方が、バリエーションのある品揃え。

 

ただ、当店をきっかけに着物を好きになって頂く方も多く、

そうした皆さまのフォーマルの場の衣裳や、

私と同年代となると子どもの入卒式も多い時期であり、

そうした皆様へのご提案をする一品として、

 

そして当店の本をたどると、

祖父の時代のきもの美濃幸は、千總さん・川島織物さんといった、

礼装系の問屋さんとのお付き合いがあり、

女将もそうしたコーディネートは得意としており、

新旧含めて、色々なものを取り揃えております。

 

 

今日はその一部をご紹介。

フォーマルの品格をお楽しみ下さい。

 

 

訪問着 松散らし

 

浅葱色の地色に松の枝葉を散らした、格のある訪問着です。

小づけながらも迫力のある構図が、魅力的な一品です。

 

 

附下 菱華文 × 袋帯 能衣舞文

 

こちらは附下のコーディネートですが、

力のある染色と柄取りや、品のある袋帯との組み合わせにより、

訪問着にも負けない品格になりました。

 

 

 

附下 横段唐花唐草

 

こちらは一転、カジュアル傾向の強い一品。

格子の地模様と、ポップな唐花唐草の模様と相まり、

カジュアルドレッシーな印象のある、染め上がりになっております。

 

 

他にも、古典的なものから、モダンなものまで、

幅広い取り揃えとなっております、今回のフォーマルコーナー。

 

 

 

 

袷の季節になると、初釜や卒業式、式典など、

フォーマルの場が増えてきます。

 

その場その場のTPOに合わせて、また、自分らしい個性も大切にして、

礼装の格式・品格を、お楽しみ下さいませ。

 

 

11月開催イベント

11月3日(土)‐11日(土) 「二年に一度の蔵出し市~冬物の陣~

  • 記事一覧

↑PAGE TOP