和をたしなむ

2021.11.06更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

お太鼓姿に遊び心を。「名古屋帯(九寸)「鬼ちりめん・チャック市松」」

 

11月の特集第一弾、

 

「思わず目に留まる、美濃幸好みの八寸・九寸」

 

 

昨日までの洛風林とは打って変わり、

今日は染め帯をご紹介します。

 

 

染め帯は織り帯と違い、

少ないロット数で製作ができる分、

作り手が思う柄行きや、

思わず笑顔が出てくる遊び心を含んだものを、

作り込むことが出来ます。

 

また、筆描きで染め上げる分、

織物よりは繊細な線が描けることも、

染め帯の魅力のひとつ。

 

そんな染め帯の魅力を、

少しでもお伝えできればと思います。

 

 

名古屋帯(九寸)「鬼ちりめん・チャック市松」

 

 

しぼが立った鬼ちりめんの帯地の上に、

二色染め分けで柄付けを施した、

染の九寸になります。

 

 

帯のタイトル「チャック市松」は、

私が帯を見て考えたものなのですが、

 

その名の通り、

市松柄(チェック柄)を、

チャックの模様で表現した一本です。

 

 

地染にはろうけつ染を使い、

茶色とクリーム色の濃淡を、

チャックで区切った市松模様に表現。

 

 

鬼ちりめんの風合いと相まり、

シンプルですが表情ある染め上がりになっています。

 

 

前腹は同じ構図の繰り返し。

 

 

一本縞は辛子色を使い、

それが良いアクセントになっています。

 

 

何か具体的な柄を描いた訳でもなく、

でも、帯としての遊び心を感じる一本は、

着手の感性やコーディネートの幅によって、

創造を膨らませる着姿を作り上げる、

ひとつの要素になります。

 

 

帯締めや帯揚げの色合わせも楽しく、

またお召しになるTPOに合わせて、

意味を含ませて着るのも楽しいでしょう。

 

 

自由に、自分らしいスタイルを作る、

大切な要素になれば、何よりも嬉しいこと。

 

 

皆様にとって、着物と在るひとときが、

そんな素敵な時間となります様に。

 

 

《掲載商品詳細》

 

名古屋帯(九寸)「鬼ちりめん・チャック市松」 132,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品の詳細・ご購入はこちら》

 

名古屋帯(九寸)「鬼ちりめん・チャック市松」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP