和をたしなむ

2021.05.15更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

きれい目な女性らしい華やかさと愛らしさを。「織楽浅野 単衣向き九寸『八花』」

 

今からの季節、「単衣」に向く、

九寸(名古屋帯)を二本、ご紹介します。

 

 

まずはこちらから。

 

 

織楽浅野 単衣向き九寸「八花」

 

 

西陣織の名店にして、

独自の世界観を織の段で表現し続ける、

「織楽浅野」さんの一本です。

 

 

シンプルかつ、すっきりとした印象を受ける、

織楽浅野さんらしい織り上がり。

 

白経の地色の中に、

題名の「八花」の通り花柄が織り込まれており、

 

 

その花の輪郭は、

すっきりとした銀糸で象り、

これが清涼感ある印象を創り上げています。

 

 

同時に、

花の色は二配色で、淡くて優しい水色と桜色の、

二色のみで表現されています。

 

 

織楽浅野さん的には、

この二色を使うだけでも珍しく、

 

 

でも私的には、

この二色があったからこそ、

心惹かれる一本となりました。

 

 

お太鼓の印象はこちら。

 

 

シンプルかつ、

洗練された織り上がりだからこそ、

結んだ時の動きや陰影がアクセントとなり、

そうしたアクセント自身が、

着手の個性に繋がっていきます。

 

 

合わせる長着は、

色無地や小付の小紋、附下が最良ですが、

意外とシンプルな夏紬に合わせてみても、

良き個性を発揮してくれます。

 

 

その際は、帯〆の色選びが楽しく、

織色の二色に軸足を置きつつも、

個性あふれる色を選び、

取り入れて頂けたらと思います。

 

 

単衣の頃に向く帯は、

着物をお召しなる方にとって、

お悩み事のひとつ。

 

 

軽くて、涼しげな帯はあまり見かけず、

私たちも好みの一本を常に探しています。

織楽浅野さんの世界観を好み、

その方の個性を引き立ててくれます様に。

 

お好みの着物や帯と共に、

素敵な季節をお過ごし下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

織楽浅野 単衣九寸「八花」 154,000円(税込・反物価格)

 

ご購入はこちらから

織楽浅野 単衣九寸「八花」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP