和をたしなむ

2020.11.23更新 - 御召

上質な質感とモダンさを。「11/21-28男のきもの展 出品商品紹介『織司なかむら 御召格子』」

 

11/21(土)-28(土) 約4年ぶりの開催!

 

男のきもの展

 

 

昨日ご紹介をしました、

「織司なかむら」さんの御召

 

早速、男性の皆さまにお勧めの一反を、

ご紹介してまいります。

 

まずはこちらから。

 

 

織司なかむら 抜染御召「格子柄」

 

 

濃墨黒の地色に、

青と紫で格子が描かれた一反。

 

当店にしては!?モダンな雰囲気ですが、

織司なかむらさん監修の一反です!

 

 

御召は「織物」ですが、

こちらの格子柄は「染」で表現をしたもの。

 

ただし、技法が結構凝っており、

一度、濃墨黒で生地を織り上げた後、

格子の部分の色を抜く「抜染」をし、

 

そこに横は青色、縦は紫色を手で挿してゆき、

柄を仕上げています。

 

 

織は縦横直角に交わりますが、

染は手仕事が加わるので、

若干の揺らぎがあるところも面白い所。

 

 

また縦横が交差する所は、

互いの色が交じり合い、

赤紫から青紫に変化しています。

 

 

生地風は、織司なかむらさんならではの、

しっとりとし、しなやかな絶妙の風合い。

 

長着にしても、羽織にしても、

最高の着心地に仕上がると思います。

 

 

生地巾は、1尺なので、

裄は1尺8寸5分あたりまでとなります。

 

男性にしては少し小さめになるので、

お召しになる方を選びますが、

気に留まられた方が、

似合う寸法の収まる気がしているのは、

私なりのきもの屋の予感。

 

 

後ほど、コーディネート紹介もアップします!

 

 

掲載商品詳細

 

織司なかむら 抜染御召「格子柄」 170,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP