和をたしなむ

2021.12.19更新 - コーディネート紹介

丹後木綿と似合う男の履物をご紹介!「美濃幸好み 男きものコーディネート 二選」

 

先週から思い付き!?で開催をしており、

蔵出し市「男の履物編」

 

 

草履や下駄だけを紹介していては、

美濃幸らしくもないので、

当店の普段着着物として人気が高い、

「丹後木綿」と合わせたコーディネートを、

ご紹介していきたいと思います。

 

 

濃淡2配色のコーディネートを、

お楽しみ下さいませ。

 

 

まずはこちら。

 

 

濃い目のカーキ色の合わせて、

赤のエナメルが美しい草履をコーディネート。

 

 

赤の履物は個性的ですが、

このようにシックな色目と合わせると、

良い意味で個性が立ってきます。

 

 

洋服でもそうですが、赤の使い方は難しく、

あまり前面に出過ぎてしまうと、

かなり個性的になります。

 

反面、目を引く赤色を上手に取り入れると、

着姿に良いアクセントが出来、

コーディネートに着手の個性が表現されます。

 

 

そうした意味でも、

あまり見えない、でもちょっと目を引き、

センスを感じさせてくれる足元に、

赤を入れるのは素敵なコーディネート。

 

また実は、この丹後木綿は、

赤のピンストライプが織り込まれており、

そこも色合わせの相性が良いことに繋がっています。

 

 

続いてはこちら。

 

 

一枚目とは長着と帯の色合わせが異なり、

濃淡を反対にしたコーディネート。

 

 

男性向けとしては少し甘めの、

ストライプカラーが織り込まれた丹後木綿に、

色目を締めるためにも、

ネイビーブルーの角帯を合わせました。

 

 

といっても、

このストライプの色は鮮やかで美しく、

その色を活かすために、

足元にはシトロンイエローの鼻緒が鮮やかな、

下駄をコーディネート。

 

長着も帯も小物の、

どれにも色が溢れていると、

まとまり感が薄いコーディネートになりますが、

帯のネイビーブルーが良い締め色になっており、

長着と鼻緒の色が一層際立つようになっています。

 

 

美濃幸好みの、

丹後木綿&草履コーディネート二選。

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

木綿着物の様な普段着着物は、

自分らしいスタイルと共に楽しむことが一番!

 

 

好きな色、好きな柄を取り入れながら、

自分が楽しく、上機嫌で着物と過ごせる、

コーディネートを目指してもらえたらと思います。

 

 

きものと在るひとときを大切に。

 

 

素敵な冬の日々をお過ごしくださいませ。

 

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

(一枚目)

草履「男性向け・赤エナメル台・濃紺組紐鼻緒」

丹後木綿「オリーブ・ピンストライプ・赤縞」

角帯「組紐・五嶋紐・パープル・ベージュ」

 

(二枚目)

下駄「男性向け・酒袋表・ホースヘアー鼻緒・シトロンイエロー」

丹後木綿「ストライプ・縞(藍×茶×薄茶×薄緑)」

角帯「博多織・原田織物・ネイビーブルー」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP