和をたしなむ

2020.05.27更新 - 浴衣

古典柄の良さをモダンな色と共に着こなす。「竺仙 男性向けゆかた 『変わり格子』」

 

好評を頂いております、「竺仙のゆかた

 

先週に引き続き、今週は「男性向け」の一反をご紹介します。

 

 

竺仙 男性向けゆかた「変わり格子」

 

 

江戸染の名店「竺仙」さんの一反。

定番のコーマ生地の上に単色で格子柄を注染にて染め上げたものです。

 

 

言葉だけを取ると、至って当たり前の浴衣生地に思いますが、

その組み合わせが絶妙で、とてもモダンで小粋な一反に染め上がっています。

 

 

まず、格子柄は六弥太格子の様に、

格子の枠同士が絡み合ったかの様な複雑な柄付け。

 

 

漢字の「田」に見える部分と、

 

 

漢字の「米」に見える部分とが、

重なりなった様な格子柄になっています。

 

 

といっても、どちらも同じに見えてしまう。。。

 

写真をアップしていても、「どっちだ!?」と思ってしまいました(笑)

 

 

斜め方向に入っている、「くの字」の細縞がポイントになっており、

柄自体に奥行きも感じる様に思います。

 

 

そして、配色も絶妙!

 

 

エメラルドグリーンを選び、染めた所に、

竺仙さんのセンスと自信を感じます。

 

 

古くから江戸染をされている「竺仙」さん。

 

その工場や倉庫には昔から染められている型紙が、

山の様に保存されているとお聞きした事があります。

 

 

この格子柄も恐らくは古くからあるもの。

 

その当時は白抜きの藍染、もしくはその逆の藍の柄染で、

一反の浴衣地を染めていたと思います。

 

 

そうした古くからあるいわゆる「古典柄」を現代的な色遣いで染め上げる事で、

柄本来が持つ「センス」や「小粋さ」を、今、感じる事が出来る。

 

また、そうした事で、竺仙さんが持つものつくりの力を、

存分に感じる事が出来る様に思います。

 

 

元々、古典柄はエッジが効いたものが多く、

現代的なイメージを感じるものが意外と多いのです。

 

 

夏だからこそ、小粋さと遊び心を共に楽しむ事が出来る浴衣で、

最近、とても注目をされている「男のきもの」「男のゆかた」を楽しみ、

一層楽しい季節をお過ごし下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

 

竺仙 男性向けゆかた「変わり格子」 31,000円(税別・反物価格)

 

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP