和をたしなむ

2021.07.06更新 - 徒然なるままに

地域性、地元愛に溢れた着姿を。

 

お客さまの着姿をご紹介シリーズ。

 

 

先日まで開催をしていました、

 

2年に一度の蔵出し市~夏の陣~

 

にご来店下さったお客様。

 

 

いつも、どんな季節でも、

自分らしい着物をお選びになり、

素敵な着姿を見せて下さります。

 

 

有松絞りの長着に、

お魚さんの柄が染め付けられた半巾帯。

 

帯〆の色もきりっと締まり、

すっきりとしたコーディネートでした。

 

 

お客様は「岐阜県」にお住まいの方で、

地元愛に溢れるお方。

 

清流「長良川」の様な水色の有松絞り、

そこで育まれた「鮎」を見立てたお魚柄。

 

お客様らしい、またお気持ちも込められた、

素敵なコーディネートです。

 

 

季節感だけでなく、

自分が好きなものやこだわりも込めて、

着物をお楽しみになられるお姿にこそ、

きもの屋が求める着物の在り方のひとつ。

 

大人可愛いお客様の着姿を拝見し、

また新たに勉強をさせて頂けました。

 

 

N様、ありがとうございました。

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP