和をたしなむ

2020.07.22更新 - 履物

夏の茶色を足元から。「麻バイカラー鼻緒 男下駄」

 

「お洒落の基本は足元から。」

 

 

先週ご紹介をしました「桜皮表・組紐鼻緒」の男下駄に続き、

男性向けの一足をご紹介します。

 

 

麻バイカラー鼻緒 男下駄

 

 

黒塗りの桐台の上に、

バイカラーに染めた鼻緒が挿げられた、男下駄の一足です。

 

 

「桜皮表・組紐鼻緒」のものとは違い、

こちらの方が遊びのある一足。

 

雰囲気がまったく違う一足になります。

 

 

そして、これは私の感覚ですが、

 

夏の茶色は凄くお洒落!

 

という感覚に相応しく、

茶系のバイカラーで鼻緒が、黒塗りの台に挿げてあります。

 

 

前坪に近い辺りは、明るめの茶色。

 

下駄ですが、裸足で履くよりも白足袋を履くと、

この色が一層映える様に思います。

 

 

踵辺りは、焦げ茶色の染め分け。

 

 

その二色の染め分けに挟まれた真ん中は、

麻の生成り色になっています。

 

 

夏の強い陽射しの下、

麻の素材感や茶色の発色はとても鮮やかになり、

また、白や水色などとは一味違う、

モダンさを感じる涼感を色と共にお楽しみいただけます。

 

 

夏を色と共に楽しむ。

 

 

大好きな色と共に、素敵な夏をお過ごし下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

 

麻バイカラー鼻緒 男下駄 14,000円(税別)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP