和をたしなむ

2021.08.25更新 - 浴衣

威勢の良さと上品さを兼ね備えた一反を。「竺仙浴衣『紅梅小紋・鯉の滝登り』」

 

ただ今、

 

オンラインショップ限定浴衣全品最終セール

 

を開催中です。

 

 

夏も終わりですが、

まだオンラインショップに掲載していなかった、

出品商品紹介をしていきます。

 

 

 

今日は、

 

綿紅梅・紅梅小紋

 

をご紹介します。

 

まずはこちらの一反から。

 

 

竺仙浴衣「紅梅小紋・鯉の滝登り」

 

 

藍色に染め上げた地色の上を、

威勢よく泳ぐ鯉を染め抜いた一反。

 

江戸染の名店「竺仙」さんの一反です。

 

 

紅梅(こうばい)とは、

蝉の羽を思わせる様な軽やかさを持った、

夏の時期に涼しさを感じていただく為の素材です。

 

格子状の骨の部分は太目の糸を使用し、

薄い透き通った部分は細目の糸を使い、

その涼感を醸し出しております。

 

この凹凸のある様子から、

勾配→紅梅となったという説もあります。

 

 

その夏向きの生地の上には、型染を。

 

型置き・染めは正絹の小紋染め同じく、

和紙を使い彫りあげた型紙を使用し、

糊置きをした後に色合いを鮮明にするため、

仕上げは引き染めにて仕上げます。

 

 

差し色はすべて手差しで行い、

手仕事の良さが活かされた一反になります。

 

 

その柄は、「鯉の滝登り」。

 

 

天に向けて威勢よく泳ぐ鯉の様子と、

その間には松葉が染め抜かれており、

鯉らしい個性的な雰囲気に限らず、

上品さを感じる仕上がりになっています。

 

 

反物幅は1尺(約38センチ)なので女性向けの一反ですが、

裄丈が許すのであれば、男女問わず御召頂ける一反に。

 

 

この個性にお心が留まった皆さまに、

お届けする事が叶えばと思っています。

 

 

掲載商品詳細

 

竺仙浴衣「紅梅小紋・鯉の滝登り」 75,900円(税込・反物価格)

 

ご購入はこちらから

 

竺仙浴衣「紅梅小紋・鯉の滝登り」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP