和をたしなむ

2017.01.28更新 - 徒然なるままに

季節とともに。

早いもので一月も残り数えるほど。

 

日々、暦に合わせて模様替えをしてきた店内も、

立春がもうそこまで見えてくるこの頃、一気に雰囲気を変えていきます。

 

一月の店内は季節柄、壁面に振袖を掛け、華やかな染物を中心に置いていましたが、

二月の頃はもっとカジュアルな着こなしを意識したものを中心に掛けていく予定。

 

気候がだんだんと暖かくなり、

どなたにとっても着物が心地好く袖を通せる季節の到来に合わせて、

 

またお花見や観劇、お出掛けも増える頃に最適な、

ちょっとした小紋や紬、それに合わせた九寸や八寸を取り合わせていこうと、

ただ今、頭の中で妄想が膨らんでおります♪

 

壁に掛けてある振袖も、今週で見納め。

 

来たる季節と、過ぎゆく季節を、着物と共にお楽しみ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP