和をたしなむ

2021.08.28更新 - 木綿

季節を感じ、和の良さを楽しむ一着に。「竺仙 奥州小紋「千鳥」」

 

ただ今、

 

オンラインショップ限定浴衣全品最終セール 

を開催中です。

 

 

夏も終わりですが、

まだオンラインショップに掲載していなかった、

出品商品紹介をしていきます!

 

今日は、竺仙さんの銘品、

「奥州小紋」の一反をご紹介します。

 

 

竺仙 奥州小紋「千鳥」

 

 

竺仙さんの定番にして、

人気が高い生地「奥州絣」を使い、

その上に繊細で華やかな千鳥柄を染めた、

奥州小紋の一反です。

 

 

奥州小紋に使用しております「奥州絣生地」は、

紬糸を使用しているにもかかわらず、

紬番手の糸を織り込み、

更に絣糸を使用した見た目と異なる、

とてもしなやかな織物です。

 

この素材を使用して、小紋染めした品が奥州小紋で、

昭和30年代に竺仙が開発、そして名づけたものです。

(以上、竺仙さんHPから引用しました。)

 

 

奥州小紋の良さは、

先にも書いた様な綿紬の風合いで、

しっかりとした生地感は、

夏よりも単衣向きの一着に。

 

これからの季節に向けて、

お楽しみ頂けたらと思います。

 

 

柄は千鳥柄。

 

繊細な線描きを型染で表現し、

千鳥の愛しさと、美しさ、

 

 

和柄の良さを存分に味わえる、

そんな染め上がりになっています。

 

 

染は昔からの和紙の型紙を使い、

手染で仕上げた一反。

 

微妙な染料のゆらぎから、

手仕事の良さをお楽しみください。

 

 

言わずもがな、

千鳥柄ファンの皆さまには、

きっとたまらない染め上がりの一反。

 

 

夏を感じ、和の良さを楽しむ一着を、

季節と共にお楽しみくださいませ。

 

 

《掲載商品詳細》

 

竺仙 奥州小紋「千鳥」 75,900円(税込・反物価格)

 

《ご購入はこちらから》

 

竺仙  奥州小紋「千鳥」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP