和をたしなむ

2021.01.23更新 - 附下

小付けな柄にこそ活きる、手仕事の品格。「染の川勝 附下 『吹き寄せ』」

 

和装の本当の豪華さは柄の大小はあまり関係なく、

そこに施された仕事ひとつずつに込めた、

細やかさにあると思っています。

 

 

今日ご紹介する一品は、

そんな手仕事の良さを感じる小付の附下です。

 

 

染の川勝 附下 「吹き寄せ」

 

こっくりとした深みのある、

濃紫色に染め上げた地色の上に、

ちらちらと散りばめられた吹き寄せ柄。

 

 

京友禅の名店、染の川勝さんの一品です。

 

 

先に書いた通り、

かなり細やかな仕事が施されており、

ぐ~~っとアップにしないと、柄が分からないくらい。

 

 

ただし、そのひとつひとつには、

職人の手仕事の良さが込められています。

 

 

上の写真は、前身頃の柄ですが、

吹き寄せ柄らしく、愛らしい雰囲気に。

 

その中、一番良い高さの梅には、

ひと際丁寧な、金駒刺繍が施されています。

 

 

彩色も、本当に丁寧。

 

 

花のひとつひとつ、

枝葉のひとつひとつ、

 

どこも怠ることなく、丁寧な挿し色が染められており、

こうしたひとつひとつの仕事の良さが、

着物全体の品格を創り上げています。

 

 

私のカメラについているレンズでは、

これまでが精一杯のアップ。

 

ぜひ、それぞれの写真をアップにして、

ご覧頂けたらと思います。

 

 

何気なく、袖を通すことが出来、

かといって、着物らしい品格はいつも以上に。

 

そんな、一歩控えつつも、

着物に袖を通す上質感や特別感を、

皆さまのお好みの一着と共にお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

掲載商品詳細

 

染の川勝 附下「吹き寄せ」 330,000円(税込・反物価格)

 

ご購入はこちらから

 

染の川勝 附下「吹き寄せ」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP