和をたしなむ

2021.10.28更新 -

手ごろに、そして質感高い紬の魅力。「長井紬「阿仙薬染・十字絣」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

今日は、気軽に軽やかに、

秋袷をお楽しみ頂ける一着を、

ご紹介いたします。

 

 

長井紬「阿仙薬染 十字絣」

 

 

山形県の長井地方で製織されている、

「長井紬」の一反。

 

一部に草木染料である阿仙薬を使い、

草木染らしい柔らかな色合いに、

仕上がった一反です。

 

 

糸は先にも書いた通り、

草木染のものを一部使い、

化学染料と併用して染め上げたもの。

 

100%草木染ではないのかと、

思われる方もおられるかも知れませんが、

 

草木染の良い所と、化学染料の良い所、

その良い頃合を見計らって染めてある分

お値段的にも手ごろとなり、

 

普段着使いにするには、

とても重宝な一着に仕立てあがります。

 

 

地色は柔らかなクリーム色。

 

その上に、十字絣が織り込まれています。

 

 

大々的な技法を駆使した訳でもなく、

織機で織り上げた一着ですが、

織り上がりはしゃんとしており、

裏地を付けて、秋袷としてお召しになると、

本当に着心地の良い一着に、

仕立てあがることでしょう。

 

 

奇をてらう事もなく、

シンプルにそのものの良さを味わえる、

そんな一着。

 

 

帯合わせも、小物合わせも、

肩の力を抜いて、自分らしく、

好きな色柄とともにお楽しみ頂きたい、

 

そんな着物好きの気持ちを汲んでくれる、

大切な一着になればと思います。

 

 

《掲載商品詳細》

 

長井紬「阿仙薬染・十字絣」 149,600円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

長井紬「阿仙薬染・十字絣」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP