和をたしなむ

2020.03.31更新 - 徒然なるままに

桜満開の余韻と共に、初夏の清涼感を感じて頂けます様に。

明日から四月。

 

今日は一日、店内の模様替えをしました。

壁面の様子はこちら。

 

 

きもの美濃幸らしく、カジュアル傾向のものが多めですが、

着物も帯も、染織を組み合わせて、

あまりそれが偏りのない、組合せを意識しました。

 

 

名古屋は只今、桜満開の盛り。

 

今の季節を意識して、桜の柄なども取り入れましたが、

私のこころは既に初夏に向かっており、

単衣も見越した清涼感を感じて頂ける色柄素材を出しました。

 

 

四月の様な四季の移り目は、

来たる季節と、過ぎゆく季節を共に感じて頂ける様な、

コーディネートを掛ける事が大切なこと。

 

 

ご来店の皆さまや、HPをご覧の皆さまに、

そんな日本の四季の美しさを感じて頂ける様なご提案が出来れば、

着物屋として何よりも嬉しいことだと思っています。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP