和をたしなむ

2021.01.22更新 -

気兼ねなく、楽な気持ちと共に楽しむ一着を。「米沢紬 やたら縞」

 

気軽に、気兼ねなく、肩の力を抜いて、

きものをお楽しみ頂きたいという事が、

当店が大切にしている事のひとつ。

 

 

ハレとケまでの違いはありませんが、

お気に入りのデニムとシャツを着て、

気軽にお出掛けをされる様な感覚を、

きものでも感じて頂けたらと思います。

 

 

今日、ご紹介する一反は、

きっとそんな気持ちにさせてくれる、

素材感の活きた紬の一反です。

 

 

米沢紬 やたら縞

 

 

山形県米沢で織り上げられた、

無地に近い、縞柄の紬です。

 

 

「やたら縞」と書きましたが、

経糸も緯糸も、桜色を基調としながらも、

細かな色糸が織り込まれており、

その糸の不均一な表情が

「やたら」に織り込まれている様子に仕上がっています。

 

 

特に名のある作家が織り上げたものでもなく、

手織りではなく織機ものですが、

均一に織り上げた生地感と、しっとりしなやかな素材感は、

なかなかの織り上がりになっており、

普段着使いの一着として、重宝にお召し頂ける事は間違いなし。

 

 

こうした「何気ない一反」は、

最近ではあまり見かける事がなくなり、

出逢っては、仕入れをする様にしています。

 

 

昨日ご紹介をしました、

岡重さんの九寸「サーカス」との相性も、

とても良く合わさりました。

 

 

帯次第、コーディネート次第で、

幅広く、そして肩の力を抜いて楽しめる。

 

 

そんな心身ともに暖かになる紬と共に、

素敵な季節をお過ごし下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

 

米沢紬 「やたら縞」 96,800円(税込・反物価格)

 

ご購入はこちらから

 

米沢紬 「やたら縞」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP