和をたしなむ

2021.11.11更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

沖縄の風や光の色を織り糸に込めて。「九寸(名古屋帯)「南風原花織・手織工房おおしろ」」

 

11月の特集第一弾、

 

「思わず目に留まる、美濃幸好みの八寸・九寸」

 

 

今日は沖縄の染織をご紹介します。

 

 

九寸(名古屋帯)「南風原花織・手織工房おおしろ」

 

 

鮮やかな橙色の地色の上に、

沖縄の風や光の色を含んだかの様な、

爽やかな紫色や水色、黄色を織り込んだ、

南風原花織の一本です。

 

 

沖縄本島、首里城の南東あたりにある、

南風原(はえばる)で織り上げた一本。

 

一度訪れた事がありますが、

小高い丘陵地に吹く風が心地よく、

この帯を見ていると、

その時の情景が思い浮かびます。

 

 

そちらでものつくりをされている、

手織工房おおしろさんが手掛けた一本。

 

 

地色や配色の雰囲気に見惚れて、

見分けてきた、美濃幸好みの一本です。

 

 

地色に合わせた、

織り糸が絶妙なコントラスト。

 

 

暖かさを感じつつも、

どこか爽やかな雰囲気を感じるところが、

沖縄の染織の特徴であると思います。

 

 

地の糸は真綿糸を使い、

他の花織と比べるとふんわりした風合いで、

それも相まり、紬との相性は抜群です。

 

 

特に今からの季節、

結城紬のような風合いの紬とは、

素材感の相性がいいので、

 

色の雰囲気とともに、

暖かな着心地、結び心地を、

お楽しみくださいませ。

 

 

《掲載商品詳細》

 

九寸(名古屋帯)「南風原花織・手織工房おおしろ」 154,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品の詳細・ご購入はこちら》

 

九寸(名古屋帯)「南風原花織・手織工房おおしろ」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP